« エンターテイメント三昧 | トップページ | クリマスさん »

2006年12月14日 (木)

斉藤くんが来た/浮気症

ファンサイトに
「斉藤くんに来てほしい人、募集!」
とあったので応募してみると当たった。
心臓が飛び出るかと思うほどバクバク。
そして広島駅にお迎えに行った。

ひょろっと、「どもー」と、一人である。
そんな気軽に・・・
自宅まで案内する。
そこでとりとめのない話しをしてると
「こんど、ニュース23のオープニングテーマソング
 つくることになって。んで、これがデモ」
と、カセットテープを取り出した。
ラジカセで聞いてみる。
ざくざくとした音のギターに合わせて歌う声。

「昭和のムック、平成のガチャピン
 昭和のムック、平成のガチャピ〜ン♪」
という歌詞だった。深い。

それから夕ご飯をすすめたがもう帰るという。
玄関先で、一緒に写真を撮ってもらう。
笑顔が不自然だ。
猫背の背中が「どもー」と後ろを向いて
ドアを閉めて出て行った。

ーーーーーーーー

ある企業の取締役会に呼ばれて行った。
そこで紹介されたのが取締役副社長。
名刺の肩書きに、なぜか「刀鍛冶」とある。
食品会社の社長がなぜ刀を鍛錬するのか?

真っ黒い髪は少し長めでごわごわと癖がある。
まだ若く、整った顔をしてる。
りりしい眉と強い目でキッと見すえて
「君はどうしてこういう屋号にしたの」
「君はどうしてこういう仕事をしているの」
「君はどうしてそんな服を着ているの」
次々に質問攻めにする。

戸惑いながら答えを探していると、
側にいた若い女性が言葉を遮り、
「お時間ですので・・・」
と副社長に退室を促す。

副社長のいないまま会議は続き、
終了後帰ろうとしたらあの女性に声をかけられた。

美しい彼女は人気のない廊下で二人きりになると
わっと泣き出した。
「ごめんなさい、わたし、あの人の妻なんです」
副社長の妻だと言うその人は、彼の側に居て
いつも彼を見張っているのだという。
「彼は浮気症で、見る女性みんなに
 手を出さずにはいられないんです」

確かに彼の目は異様に力があった。
心をぐっと掴まれるような感覚があった。
彼女の心配もわかる。
泣きじゃくる彼女をわたしは抱きしめ
「大丈夫ですよ」
と、根拠のない慰めを言った。
モヘアのニットを着た華奢な肩は
たよりなくて愛おしく
むしろ彼女の方に心を揺さぶられる思いだった。

ーーーーーーー


以上、ここ最近の「脳内ストリップ」でございました。

|

« エンターテイメント三昧 | トップページ | クリマスさん »

コメント

え!
斉藤くんって、和義くんでございますか?!
そんな、するっと一人で‥
どうゆう企画なんでしょうか?y(゜O゜)y

質問攻めって面白いですね。
普通男性は口説きたいときは「俺が俺が」と
自分のことばっかりしゃべり出すものですから。
質問されて自分のことを相手にたくさん話してると
心理的合理化といって、
人間は自己開示をした相手を好きになってくるもの。
もし意識的にやっていたら相当のツワモノでしょうけど、
相手の女性の方から引き込まれて誘ってくるんでしょうね。

投稿: nori | 2006年12月14日 (木) 午後 10時47分

noriさんすいません・・・
これ、ぜーんぶ夢で見たハナシです。ハイ。
和義氏を夢で見た朝にゃあ、「アホじゃワシ・・・」あきれました。
あのうたの歌詞は一体!?
心理的合理化かあ。なるほど納得。
この副社長、嵐の松本潤にちょっと似てた。
ぜんぜんタイプじゃないのにちょっとぐらっときました。
・・・なんなんでしょー??

投稿: はなみ | 2006年12月14日 (木) 午後 11時18分

相変わらずパラダイスだね。羨ましいわ。
俺は相変わらず夢に鋭く突っ込みまくられよる(間違った択選しよるらしいがええ、よおく分かっておりますともよ!!)

アホだなんてアナタ!
好きなヒトに夢ででも会えるなんて、いいじゃん~!!

投稿: Uka | 2006年12月15日 (金) 午前 01時19分

Ukaどの
寝てまでつっこまれるのはしんどいっすな・・・

好きなヒトに夢で会えたのはええが、実際に会ってもそうなるだろうと思うけど、もじもじ会話もなく、居心地のわるーいものじゃった。
どうせ夢ならもっと弾き語ってもらったりいっそのこと・・・
起きてる方が妄想癖じゃわ。

投稿: はなみ | 2006年12月17日 (日) 午前 02時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斉藤くんが来た/浮気症:

« エンターテイメント三昧 | トップページ | クリマスさん »