« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月22日 (木)

ウタウタイタチノウタゲ

昨夜ライブに行って参りました。
ウタウタイタチノウタゲ@ユメバンチ 
広島クラブクアトロ

斉藤和義、Salyu、ハンバートハンバート、キセル、PhilHarmoUniQueという参加アーティスト。

5:45開演ということでギリギリだ、と滑り込んだら会場がらがら。
なんなんだ。
階段壁際でもたれて立って観る。
最初はPhilHarmoUniQueという若手男子バンド。
デビューしたばっかしなのだろうか。
もし息子があのベーシストだったら、などと妄想しつつ見る。

4、5曲やって終了。がんばってください。
ステージではセット換え。ドラムセットまではかしている。
その間10分くらい、MCなし、BGMのみ。客放置。
斉藤くんは最後だよな、この調子で最後までいくのか、だりーな、
なんかFMの人とか出てきてしゃべればいいのになどと心の中でぶつぶつ。

続いてSalyu。知らなかった。けどすごかった。
声が楽器だ。へたしたら凶器になるくらいの。
声にいろんな表情があって、ボリュームがあって、切なくなる。
かわいかったし。

次はハンバートハンバート。
男女二人。
彼女の声もすごい。硬くて冷たくてでも和ませるような。
なんといっても歌詞が。
一曲目の「大宴会」という曲
「うたえ、おどれ、きょうはそうしき、うたえ、おどれ、よるをかけて
あさになってみんなねむれば、ぼくはそっと、いくのさ」
この声とヴァイオリンと歌詞で、CD買おうと思った。
男の人の声も素敵だった。もっと聴きたかったなー。

で、がやがやとセット換え。
だんだん人も増えてきた。
社会人なら6時前スタートつーのも厳しいのだろう。
スーツ姿も増えてきた。
だりー
もう立ってらんねー
階段でしゃがみこむ。
ぬるいジンジャーエールをすする。

続いてキセル。兄弟ふたりバンド。
斉藤くんのバンドのサポートギターを兄の豪文くんがやってるので知ってはいたが、ちゃんと聴くのは初めて。
ほわんほわんほわんほわんほわんほわんほわん・・・・
曲が始まる。
いきなり無重力。
こりゃーーーーーすごい。
どこにもないものを見た感じ。
また歌詞がすごい。
追いつかない。
「真夏のように生きてた」きみの犬が死んだ朝、とか、
どこに向かうんだ?はぐらかされる。
その豪文くんの声もすごい。
やさしいのに和まない。
うわー、CD買おう。

やーいいもの見たなー。
会場も飲み込んでる。
ざわざわ
次で最後、斉藤くんだ。

「ヤフオクで2000エンくらいで落とした」リズムボックスが安定せず、スタッフが微調整するけど見切りスタート。
白の、自由の女神がデザインされた半袖Tシャツ、
髪長めふわふわ、ヒゲ、痩せててひょろひょろ足長ーという、
なんともこう、あーかっこいい。
厚いコートを着てる自分がいやだ。
・ベリーベリーストロング
・進めなまけもの
・ワッフルワンダフル
と弾き語り。

ここでキセルの兄がギターで参加して
・愛に来て
そしてなんと弟も加わって
・ベガ
キセルのカバー曲を、キセルそのものと3人で!!!
夢のようだー。
ふわんふわんふわんふわん
飛んでいくようで斉藤くんが歌うとしっかり斉藤くんの歌になる。

で、ひとりに戻って
・嫌いになれない
・かすみそう
と新しいアルバムの曲。ふむふむ。いいなー。

ほいで
・I♥ME
こ、この曲弾き語るか!
ごわんごわん言うリズムマシーンを大音響で鳴らし、
ギターかき鳴らして、これはこれで凄い。
そのまま
・歩いて帰ろう
これはしかしリズムマシーンの音が勝ちすぎて
ギターのメロディーが聞こえない。
斉藤くんも「あげて」の合図を送るもあんまり上がらず。

それにしても、ここまで長時間まったりしすぎた客は
なかなか盛り上がらず。
斉藤ファンと思われる前方の方々は狂喜乱舞だったが
全体おとなしかった。
ここで暗転。

アンコールで再登場
・歌うたいのバラッド

聴かせるねぇ・・・・
それにしても、毎回、歌がうまくなってる。
いやほらプロに上手くなってるなんて失礼な話しなんだけど、
同じ歌にしても、毎回、おおおおおと思う。

今回のアルバム「I♥ME」はすべての楽器を斉藤くんひとりでやった。
前、「ジレンマ」というアルバムもそうだったけど、あれから10年、
そのころ技術的にできなかったことが、「I♥ME」ではドラムで、ベースで、できる、できるからこうできる、という技ののびのびした歓びが詰まってるようだ。
歌もそうだ、ギターもそうだ。

テレビをにぎわすタレントは若くてかわいい子が多い。
旬を過ぎれば消えてゆく。
だから年をとっていく自分が悲しくもなる。
だけど斉藤くんは1993年、27歳でデビューした時から、ひたすらプロとして曲を作ってる。
3枚目のアルバムから、前よりすごい、これがベスト、と毎度毎度思う。
今年41歳、でもまだもっと上手くなると思う。
その事実に背中をどつかれる思いがする。
わたしもぼやぼやしてられない。淡々と、でも確実に上手くなりたい。

さて、終了して外に出ると、ロビーでキセル兄弟がTシャツを売っていた!!
しかしこの2人、ギターもってないとスタッフと区別つかない。
お客さんも特に気付いてるような気付かないような。
パスタ柄のTシャツがかわいかったので購入し、
「・・・握手してください」
あつかましさ満点だ。これも年の功。
「ソロで広島来てくださいね」
「あ、はい、ね。来るよね、たぶんね」
「あ、そうやね、近くこれると思うんで」
フツーの兄弟だった。
CD買いますね、新しいの。

斉藤くんは来年また3月に来る。
3月か、
わたしの勉強も一段落してるころか
上手になってられるかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

ひとりになったらどうしる?


ちょっと久しぶりにシャバに飲みに出た。
彼女の行きつけの店に7時間いた。8時から。

ほとんど仕事の話ししかしとらん。
でも希望の光が見える話しだった。

米の酒でええ気分になったころ、
ぶるぶるケータイが鳴る。

もしもし?
出てみると、息子だった。

「かーちゃん今パパちゃんとおうちついたよ、
 すぐかえってきてね」
オットが実家に迎えにいってくれて、
帰宅したところらしい。

うんうんわかったすぐ帰るよ、パパちゃんとねんねしなさいね、
などといいつつ飲みつづける。


朝、
おきて、朝よと起こすと、
目も開けずに
「かーちゃんもしひとりになったらどうしる?」
と聞いてきた
「それは・・・悲し過ぎる」
「ちょびがおったらどうしる?」
「そしたら大丈夫」
その言葉を聞いて、すーっとまた眠りに
こら!起きんかい!!


こういうこと、よく聞いてくる。
「かーちゃんもしちょびとパパちゃんがおらんようになったらどうしる?」
「そしたら・・・悲しくて死んじゃう」
「じゃあちょびとパパちゃんとかーちゃんがおったらどうしる?」
「それがいちばんしあわせ」
「うふふ、かーちゃんだーいすき」
「かーちゃんもちょびがだーいすき」
「うふふふ」


困らせること言って気を引いて
好きよと言ってめろめろにして
そんな手管をどこで覚えたか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

オバサン

最近ランチを食べに入ったビストロで、フリーペーパーが置いてあったのでもらった。
「Plug プラグ」という、けっこうごつい雑誌。無料。

あー、岡山で見たやつだ。
取材で岡山に行ったとき、ずいぶんがんばってるフリーペーパーだなと印象に残っていた。
それの広島版が創刊されたようだ。
表紙は広島市長。

フリーペーパーにありがちな猥雑な広告類は少なく、
どのページもがんばってる感に満ちあふれている。
行政、働き方、ファッション、住まい、内容も様々だ。
編集スタッフがみんな若いのだろうと推測される小さな活字(老眼には判読できない)。
街のおしゃれさんスナップも何人分だろう、その熱意に敬服。
カーグラか?というページがあったり、デザインも充実してる。
へー、すごいな。

ぺらぺらめくってて、登場する人々の年齢が
22、25、27、24、31、26、21、25・・・・
という感じなのに気がついた。
明らかに40代の人は年齢が書いてない。超高級車とばばーんと。
若くておしゃれ、かわいい、かっこいい
もしくは、社会的に成功=高級車、高級腕時計などを持つことができるステイタス感のある人だけが登場している。

そして、
極めつけに切なかったのがエディターのコラム。
「最近、印象に残った瞬間」。
彼女がここ最近一番印象に残った風景は
“お世辞にもお洒落といえる感じじゃないオバサンが、自分がいつもチェックしているアパレルのショーウインドウに見入っている姿”だったそうだ。
オバサンもやっぱり「素敵」とか「かわいい」とか思うんだ、と驚くとともに
その姿に母を重ねたのだそうだ。
小学校の参観日にはお化粧バッチリで高価なスーツでびしっと決めてきていた母が、中学の参観日にはジャージで来るようになり、今はそんなに服も買わなくなってしまった、そうだ。
子どもを育てるのは大変なことなのだと思う、
もともと母はお洒落が好きだったのだから、今度一緒に買い物にでもいってみようかと彼女は思いめぐらす。

病気になってしまった母を今度病院へ連れて行ってあげたい、
と同じ意味合いだと読める。


なんだろうか、この殺伐とした読後感は。

この感じ、前にもどこかで・・・

思い出した、雑誌の編集者だった頃のことだ。
「こちら、○○の編集者さん」と紹介されると、
たちまち目を輝かす知らない人たち。
奇妙に親しみをあらわにする人たち。
気持ちが悪かった。
わたし、に興味があるのでなく、
わたしにひっついてる媒体(逆か、媒体にひっついてる私、か)に興味があるのだ。
似合わない服を着てるような気恥ずかしさもあって、すぐ、その雑誌の編集者をやめた。

人はひとを何ではかっているのだろう。

価値観、ってずいぶんかんたんな言葉で片付けるのは簡単だ。
持つ人崇拝。センス、若さ、お金、地位、名誉・・・
違うことを認めない。
違うものは目に入らない。
ずいぶんと閉じすぎてはいないか。

このフリーペーパーにぜんぶの責任を問う気はさらさらないが、
これが無料で配られてるとしたら、
価値観の暴力なのではないか、
というのは言い過ぎだろうか。

やっぱ言い過ぎだろうな。

でもそんなんばっかしだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »