« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

VIVA! SETSTOCK!フラワーカンパニーズ×斉藤和義 〜フラカン和義のロックンロール400万ボルト〜

 ほんとは行けないライブだった。
 FC先行に申し込みわすれ、一般発売は即完だった。

 でもでも・・・いきたい。。。
 と、ミクシィの斎藤和義コミュにつぶやいてみたら、親切な方がチケットを譲ってくださった。彼女はお仕事で行けなくなったそうだ。ほんとにありがとうございました。

 彼女の分まで楽しむつもりで今日行ってきた。
 クワトロ。18:30〜

 せっちゃんと、フラワーカンパニーズのグレートマエカワと鈴木圭介(敬称略)がMCという、なんとも贅沢な進行。
 で、いきなり鈴木圭介が「・・・松本さんもね」とシークレットゲストの名前をつい口走ってしまう。
 「ダンプですよ!ダンプの方!」 松本?誰?

 まずは「まだ19歳なのにすごい音鳴らすんだよね」とみんなが絶賛してたOKAMOTO'S登場。

 若い!
 せっちゃんが
 「あの、退屈をぶっとばしたいって歌さ、10代だから似合うよね、こう40も過ぎてそんなこと言ってたら働けってことになりますから」と。

 鈴木圭介「あのヤリたいだけって曲もね、俺とかだと何言ってんのってことになりますよね」
 せっちゃん「あ、その曲前カバーしたんだけど、気持ち的にはぴったりでした」。。。

 続いては奥田民生弾き語り。
 バーボンかなんか飲みつつ。
 「何しよっか・・・」という声に「結婚しようよ!」
 「なんで!?・・・ボクのかみぃがぁ〜かたまでのびてぇ〜♪・・・ってオイ」

 続きまして斎藤くん!
 まずは フラワー・カンパニーズ「深夜高速」のカバー。
 いい歌だ。
 ドラムスはなんと小田原豊!セブンぶりくらいですかね。ベースは隅ちゃん。
 なので、「小田原さんが覚えてる曲」ということで、「ファイアードッグ」とか、「砂漠に赤い花」(「ささくれ」ですってご指摘いただきました。スンマソン)とか、「劇的な瞬間」とか。懐かしい!「ずっと好きだった」もやったな。
 最後、「僕の踵はなかなか減らない」ですんごい盛り上がって終わった、と思ったらまたギターを肩に。

 「あの、曲とばしちゃって」
 ということで「幸福な朝食退屈な夕食」
 曲とばすなんて珍しい。
 なんか小田原さん飲み過ぎだったらしく、せっちゃんに「しわのたりない小田原豊!」って歌われてました。

 続いてフラカン。
 フラワーカンパニーズのライブは初めて見ました。
 結成21年。
 メジャーデビューし、あえてインディーズに立ち戻り、バンに機材積んで全国のライブハウスをまわったという。
 その歌詞は、ちょっとした節々に耳を尖らす言葉がある。
 今更ながら、CDを買ってじっくり聞きたいと思った。

 「しかしわれわれに足りないのは色気だね。斎藤君はなんであんなに色気があるのか」
 「なにを考えたら色気がにじみ出るのか」
 「いや斎藤君はなんにも考えてないからあなたと一緒だけども」
 「なにを食べたら色気が出るのか」
 などと話し込み
 鈴木氏は「見つけたんですよ、色気のある男の法則、みんな女きょうだいがいる!ね!われわれみんな男兄弟ですから。育ちが悪かったね」という結論に。


 10分休憩。
 みんな地面に座り込む。
 病み上がりにきついです。ビールをかーっと行きたいとこだけど、養生してアクエリアスをなめるように飲む。


 つづいて、せっちゃんとフラカン。
 フラカンの「ベルボトム・ジャック」のカバーとか、ブルーハーツの「人にやさしく」とか。
 そこに奥田民生参加、「イージュ―★ライダー」。
 ほいでシークレットゲスト。トータス松本。あーこの松本さんか。今頃ピンとくる。
 「ほんの5日前なんだけど、酔った勢いで来る?って話して」実現したんだそうだ。

 で!なんと奥田民生と斎藤和義のツインドラムで、トータス松本の「サムライソウル」。
 
 そうこうしてたら、「明日のセットストックに前乗りしてたんで、飲まない?ってメールもらったんで、つーか来ない?って誘ったら来てくれました」という、スカパラのGAMOと加藤隆志。

 そこに若手OKAMOTO'Sも戻ってきて、ステージ上は立錐の余地もない混雑ぶり。ギターとか5人くらいいるし。
 みんなで「サマータイムブルース」
 なんという音の洪水。なんというゴージャス。技の競演。どこを見たらよいのかわからない。

 というか、楽しそうだー。見てるこっちまで楽しくなる。
 酒飲んでグダグダのだめな大人が、にこにこしながらギターひいてて、19歳の若者が、若気の至りでかわいくて、楽しいばっかじゃなく、他の音を聞いて、合わせて、魅せて、さすがプロだ。

 みんな飲んだりフェスの楽屋で話したりする仲なんだろうけど、こうして同じステージに立って一緒に演奏する機会はなかなかないんだろうから、飲んで騒ぐよりやっぱりライブが100倍楽しいんだろうと思う。

 憔悴しきった斎藤君。最後は「歩いて帰ろう」。


 いやー、すごい現場に居合わせちゃったな、という感じだった。
 ぎっちり満員のお客さんたちも、目をキラキラさせて帰って行った。

 生きててよかったって、こんな夜。

 


 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年7月29日 (木)

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます
暑さの夏も、お元気で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

だいじけん

 
 夏休みになる前の日、個人懇談を終え、留守家庭こども会で遊んでる息子を迎えに行って帰ろうとしたが、仕事が入って一旦離れ、お迎えの時間ギリギリに再び学校に行った。

 その日はなんだか馴れないヒールのサンダルを履いており、疲れが重くつま先にのしかかって、校庭の砂利を踏みしめるのもしんどかった。

 ああそうだ、今日は朝顔の鉢を持って帰るんだった。

 かーちゃん足が痛いからここで待ってる、とっといで。

 息子はぽてぽて歩いて中庭に向かう。

 鉢の前でじーーーっと見ている。なにしとんだ。

 こっちを向いて手招きをする。

 もーーーーーー!!なに!?

 「かーちゃん、だいじけんはっせい」

 見れば、となりの子の朝顔のつるが、息子の鉢に巻き付いていた。

 ・・・そうだね。引きちぎるわけにもいかないよね。
 くるくるからまったツタをゆっくりほどき、その子の鉢の支柱に巻き付けて、息子の鉢を解放してやった。
 その間、ヤブ蚊に足首ぼこぼこにされ、痛いやらかゆいやら、泣いたらいいのか笑ったらいいのかわからない気分で帰宅した。


 土曜、「触ってみよう能の世界」という体験をしてきた。
 アステールプラザの能舞台で、舞台上での振る舞い方、大鼓小鼓、笛太鼓を習う、体験学習だ。
 檜舞台なんかめったに上がれるものじゃないので、かーちゃんも白足袋はいて付いて行った。
 が、息子はまっっっっったく興味が無く、なぜ?なに?ととまどいつつ、ポン、とかやってたのであった。
 後半、実際に能と狂言を見たのだが、ハイライトシーンできっちり爆睡していた。あーあ。

 暑かった。
 帰宅して、そういえば今日は花火大会だなあなどと思っていると、大雨注意報が発令され、北の空がみるみる黒くなり、ゲリラ豪雨並みの水柱を見て興奮していた。

 と、だんだん、身体の中に熱がこもってる感じがしてきた。
 あれ?・・・
 熱を測ると、38℃

 かーちゃん、ちょっとしんどいから横になるね・・・

 するとちょびは、さささっと戸棚に行ってごそごそし、
 「はいっかーちゃん、こっちむいて」
 と、おでこにひえピタを貼ってくれたのだった。
 次に冷蔵庫に行き、麦茶をコップに注いで持ってきて
 「ゆっくり飲むんよ」
 と渡してくれた。

 T T

 あでぃがどう。。。(涙声)

 帰宅したオットに

 「ぱぱちゃ〜〜ん!だいじけ〜〜〜ん!」
 と体温計を持って走って行った。


 しかし本当の大事件はこれからだった。

 なんか寒気がしてきたので、ご飯食べて早々にお風呂に入って寝た。
 寝たのだが寝られない。
 自分でもおかしいほど震えるのだ。
 熱湯を注いだペットボトルを2本だっこして、毛布をかけてもまだ寒い。
 さむい、さむい、さむい、、
 と、思ったら今度は猛烈に暑くなる。
 のっそり毛布をはぎ、今度は冷凍庫から保冷剤をだして首筋に。
 体温は39℃
 あつい、あつい、あつい、、、
 
 その繰り返しを2セットばかり、ぜんぜん寝られなくて明け方5時
 体温を測ると40℃だった。

 なんなんだこれは。
 インフルエンザ、にしてはまるで他の症状がない。
 熱射病??
 ネットをなんとなく検索して見ると、体温の調節機能がなくなり、壊れた組織が腎臓に負担をかけ、腎盂腎炎に至る、なんてことが書いてある。

 これはただごとじゃないかもしれない。
 だって、なんなんだこの全身の痛みは!
 もう、あちこち痛いのだ。

 日曜の当番医を調べると、9時から受付。待ってられない。
 これからかかれる医者ホットラインに電話をすると、市民病院をすすめられた。

 午前6時、這うようにして市民病院の緊急外来へ。

 しーーーんとした暗いロビーで、しんどそうな人々が順番待ちしている。

 小一時間待ち、問診を受け、診察室へ。

 うーん、ということで尿検査&血液検査。

 30分後

 尿検査の結果腎盂腎炎ではなさそうだ。
 炎症反応値が高いので、どこかがなんらかのウイルス感染をしていると思われる。

 自分の検査結果の数値をモニターで見ながら、探偵の推理のような話を静かに聞く日曜の朝。

 抗生物質を処方され帰宅。

 薬飲んだがやはりその日も39℃〜36℃のジェットコースターライド気分で、立ち上がれないほど弱った。


 結局、あの全身の痛みは、発熱のための震えによる筋肉痛だったと思われる。

 未だに残る内蔵の平滑筋の筋肉痛は、なにを塗れば治るのか。


 と、こうして元気にブログを書くまでに回復したが、まだ立ちくらみ、日差しの中外出する勇気がない。
 が、死ぬほど電話がかかってくるので寝てられない・・・・T T

 高原で静養したいっす。


 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

嗚呼夏休み

 
 いやー。夏ですよ。
 もうわかったからというくらい猛暑ですよ。
 車内の温度表示、40℃って。
 
 子供のころ、絵日記に毎日書いた気温って、どんなに高くても33℃くらいだったような気がする。
 今や体温並み、ヘタすりゃお熱ありますから。

 という状況で、息子が夏休み入りした。

 しかし、お仕事に夏休みはない。
 むしろ、佳境に入りつつある。

 ということで息子は引き続き毎日留守家庭こども会に通うのだ。
 
 ということは、弁当がいるのだ。

 T T

 まず、ラジオ体操ね。初日は草むしりしてきたぜ。
 6:30から清々しく体操をして1日が始まる。
 ・・・
 しかし翌日から母起きられず、パパちゃんが連れて行くことに。
 オットは寝不足でバテかけている。

 その間に、弁当と朝食を作る。

 「あのさぁ、おれねー、おべんとたべてもすぐおなかへるんよー」
 という直訴が。

 そうかー。もうお弁当箱小さくなったか。

 このお弁当箱は、保育園に通いだしてはじめての遠足の時に買ったものだ。
 そのころまだ離乳食というか、小さくコッキンして食べさせていた頃だ。
 弁当って・・・自分で食べられるのか??
 卵焼きを小さくサイコロのように切ってチキンライスの上に散らしたのだが、きれいに完食していて感動したのだった。

 もう今やへたするとかーちゃんより食べるからな。
 ということでハンズに弁当箱買いに行く。
 ふたが保冷剤になってるのを発見。この時期暑いから、こうでもしないと心配です。

 今朝はその「札幌市円山動物園のホッキョクグマ」柄のでかい弁当をぶらさげて行った。


 それにしても、夏休みというのは善意の嵐で息苦しい。

 お仕事を持たないお母さんは、学校に行かない子供と家にいたら煮詰まる。
 なので、それはそれはいろんな施設団体が、これでもかとイベントを企画し親子を招く。
 毎日学校から持ち帰るプリントの数は殺人的であった。
 それの1枚1枚に目を通し、その場で処理しないとプリントの山で遭難する。

 まあでも夏の思い出っちゅうやつを作ってやりたいし、できるだけよさそうなイベントには参加に丸して提出。スケジュール帳が、みるみる埋まって行く。
 

 学校主宰行事として、まずサマースクールがあった。
 いわば補講なのだが、しっかりおさらいすべしと参加させた。
 初日はいっぱい○のついたプリントを持って帰ったが、翌日
 「あのー、ちょびくんまだ来てないのですが」
 ええーーっ!もう40分も前に家を出ましたけど!?
 事故!?誘拐!?もうドキドキしながら留守家庭こども会に電話をすると
 「あー、さっき、わすれてたーっていいながら出ましたよ」
 ・・・まだまだうっかり八兵衛なのであった。

 
 そうそう、とうとう野球クラブに入りましたよ息子は。

 チラシをもらってここに見学にいきたい!と直訴してたチームとは別の、クラスの友達が通ってるチームに見学に行き、その場で申し込みをしたのだった。
 ユニフォーム代、保険代、月謝、なんだかんだと3万近く払った T T

 先週ユニフォームをもらって、帽子だけかぶって参加した。
 「おねがいします!!!」などと大きな声を出しながら走ったりノックを受けたりしている。
 その晩、風呂からあがってさっそくユニフォームを着てみた。
 もう、鼻の穴ふくらみっぱなし。
 カメラを向けていいねーかっこいいねーというといくらでもポーズを決めるのでおもしろい。

 ということで毎週クラブに連れて行かなくてはいけないので、その日は夕方早めの店じまいとなる。
 仕事がはかどるわけがない。
 いや、息子のせいにしてはいけない。
 現にこうしてこんなもの書いてるヒマがあるなら山のように片付けなくてはいけない原稿を書くべきだとは重々承知している。わかっている。わかっているとも。

 
 それにしても昨今の1年生の夏休みの宿題の多さはどうしたことか。
 毎日の1行日記、復習プリント、算数と国語のドリル、朝顔の観察記録、絵日記3日分、はみがきカレンダー、読書感想文に課題研究。
 わたしの頃こんなにあったっけ?
 しかし息子は案外真面目なのだ。
 初日からバリバリこなして、たぶんお盆までには済みそうだ。わたしとまるで違う。


 小学生だったわたしの夏休み。
 長かった。

 朝7時ラジオ体操。
 ふつう6:30からなのだが、うちの町内は7:00からだった。しかも録音。いつも同じ街(たしか枕崎)からお送りしています〜と言っていた。
 帰宅して、「涼しいうちに勉強しなさい!」と言われてしぶしぶ机に向かう。
 2階の自分の部屋はすでに暑いので、畳の居間の机につっぷして、扇風機の風にふかれていると昼だ。
 そうめんか、お好み焼き、たいがいそんなものを食べて、台所の小さなテレビをだらだら見る。
 徹子の部屋、愛の劇場、3時のあなた、気がつけば水戸黄門の再放送だ。
 うたたねをする母の横で、暮しの手帖を拾い読みしたり、一緒にうとうとしたり。

 夏の夕日が居間に斜めに差し込んで、金色の帯ができる。
 デジタル時計が4:44、5:55、ぞろ目のときにお願いすると願いが叶うと思っていた。
 1分間、時計に向かってお願いする。何を願っていたかは忘れた。

 庭に水をまいて、台所からいいにおいがして、だんだん居間も暗くなる。本を読んでいると「目が悪くなるわよ!」と母が電気をつけていく。父が帰ってきて、晩ご飯を食べ、お風呂に入り、ニュースセンター9時を見ながらみんなでスイカを食べて、早々に2階に上がらされるが寝られず、そーっと降りてこっそり11pmを見ては怒られたりしていた。
 
 学校のプールに行ったこともなければ、近所の友達とも遊ばなかった。
 夏休みの宿題は最終日に泣きながらやった。

 わたしの夏の思い出はそんなもんだ。

 息子のはじめての夏休みは、ずいぶん違う。

 あのダラダラした、小学生ならではのダメな毎日をやつは経験できない。

 経験させてやりたいかというとそうでもない。わたしは二度と子供に戻りたくない。

 息子の夏休みは、けっこう充実しそうな気がする。それでいいのだと思う。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

夏だ

夏だ
影が濃い。夏がきたぞー!海のそばでビール。ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

おとこちょび

 あーこんな晴れた夕方は久しぶりだーと空を見上げたのが昨日。
 さて、夏がいよいよだ。

 □留守家庭こども会

 共働き家庭の小学1年〜3年の子は、放課後「留守家庭こども会」に行って過ごす。
 学校敷地内の、児童館内部にそれはある。
 宿題をし、おやつを食べ、グランドで遊んだり、静養室で本を読んだり、毎週金曜は近所の方がボランティアで将棋を教えてくれたりする。
 で、5時になったらみんなで帰宅。
 あるいは、6時半までにお迎えに行く。

 保育園にも大変お世話になったが、引き続き「留守家庭」には大変お世話になっている。
 同じクラスの子9人くらいで留守家庭に行くので、楽しくてたまらんらしい。

 しかし保育園と違うのは、いろいろと保護者の役割が多い事だ。
 
 先日は「児童館フェスティバル」なるものに参加した。
 それは、児童館の先生や児童たちが企画するお祭りで、留守家庭の親も手伝うのであった。
 留守家庭の子だけでなく、一般の児童も多数参加した。
 嵐の曲にあわせて一輪車で踊るチームあり、合唱あり、その後、スタンプカードを持っていろんなコーナーを回るのであるが、親はそのコーナーに来る子を相手する係なのである。

 最初クーラーの効いた部屋で工作担当だったのに、「だれかおねがいしまーす」と呼ばれていった先が体育館の輪投げコーナー。
 蒸し暑いところで、一人で、次から次からやってくる小学生にワを渡し、やった!おしい!などとにぎやかし、スタンプカードにハンコを押し、順番だから並んでねとか、この子が先だからね、さーがんばってとかそういうのを約2時間、やり続けたのであった。交代もなく。熱射病寸前。

 そんなわたしのコーナーのそばに、扇風機があった。
 その前に、見た顔の母親たちが涼んでいる。
 ・・・なんでてめーらは係がないんだよ、
 とは言わなかったが、基本的に、ちゃんとやる人がソンをする仕組みである。

 精魂尽き果てた母と手をつないで帰る息子は上機嫌だった。
 「はい、かーちゃんのパン!」
 そうだ、パンを注文してたんだ。食べるヒマなかったけど。
 ビニール袋をのぞくと、おやつコーナーでもらったらしいチューチューがとけて水浸しになったカレーパンが見えた。


 ■警報のばか
 
 留守家庭こども会は基本的になんらかの警報が発令されると休会となる。

 なので、ここ数日、大雨警報が解除されず、休みだった。

 授業が終わると、留守家庭の子たちは一旦みんな児童館に行く。
 そこで待機してると、区から今日は休みであるというお達しが来るらしい。
 そしたら、保護者にお迎え要請が発信されるのだ。

 3時とか、仕事のゴールデンタイムですから(泣)
 預け先なんか急にないですから(号泣)

 迎えに行くと、校門前にタクシーが何台も停まってる。
 会社の制服姿のおかあさんも見える。
 すれ違った知り合いと「大変じゃね」「もういや」と苦笑する。

 結局ばーちゃんちに連れてったり、自宅に連れ帰ったり、数日予定がたたなくてほんとに困った。
 雨が降っても槍が降っても預かってくれてた保育園はよかったな・・・
 
 ということで、梅雨明けを祈る&台風とかきたらどうしようなどと、天気に一喜一憂する働く母たちであった。


 □おとこらしい息子

 ここのとこ、言葉遣いが劇的におとこらしくなっている。
 なんといっても
 「おれねー、」という
 いままでは「ちょびねー」だったのに。
 しかもその「おれ」は、あの、クレヨンしんちゃんの「オラ」と同じイントネーションなのだ。
 おかしいじゃろそれ、「れ」にアクセントじゃろ普通。
 と思っていたら、どうやら友人たちがみな、同じアクセントで「おれね〜」と話しているのであった。流行ってるのか?

 そして、「リラックマ」の水筒はおんなのこらしいから嫌だと言い出した。
 選ぶきじゅんは「おとこらしい」かどうか。
 先日はスーパーで「おとこらしい」水中メガネを見つけてどうしてもいるのだと訴求した。
 「このまえぷーるでたからさがししたんよ。せんせいがなげてー、みんなもぐるんよ。で、おれもー、がんばってもぐってー、めをあけたんじゃけどー、くもってみえんのよ。すいちゅうめがねかけとるともだちはー、みんなはやいんよ。じゃけ」
 とのこと。
 水泳の道具の「もちもの」のところに水中メガネとあったのだが、小学校のプールで使わんじゃろと思っていたので、半分以上の子がしてると聞いてびっくりした。
 ということでまんまと買ってもらったちょびは、日々ゴーグルつけて風呂に入っている。


 ■なぐっていいか

 ここんとこちょびの態度にいらっとすることが増えてきた。
 宿題をみていても、わからない問題に遭遇すると、とたんにやる気をなくし投げやりな字になる。
 てつだってーと声をかけても返事もしない。
 重い腰をあげて米をとぎはじめたが、ばーんといいかげんにあつかってざらざら〜と米をこぼした。

 ので、かーちゃん落雷。

 泣いてゴメンナサイ・・・とかなら許しもするが

 「ふん!!わかったよ!!」

 ということでかーちゃん再び切れる。

 が、殴りはしなかった。

 殴るのは、ウソついたときにとっておこうと。拳をにぎりしめ。
 
 にじんだ涙をげんこつで拭きながら、こっちをにらみ続けるちょびを見てたら、怒るって難しいとしみじみ思う。


 □あ、

 かーちゃんだいすき、でも、怒るからキライ。なのだそうだ。
 あーそーですか。
 だっこすることも減った。(22kgもあるので)
 スリスリしてくることも減った。
 夜もひとりで、すたすた寝にいくようになった。
 楽なような、さみしいような。

 今朝、モタモタしていて支度ができてないのに、となりのお兄ちゃんが玄関のチャイムを鳴らした。
 もう!!なにしてんの!!急げ!!
 と猛烈にパジャマを脱がし制服を着せボタンをとめていると

 「あ!!!」
 なにっ!?

 「きょうかーちゃんのたんじょうび・・・」

 あー
 おぼえてたんだね。

 い、いいから早く!!!!!いってらっしゃい!!!

 ちょっとうれしかったです。

 
 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

新じゃが

新じゃが
うっかり芽が出たじゃがいもを、ベランダのプランターにおいといたら、もくもく葉が茂って枯れた。ので撤去するとその下の土の中から子じゃががごろごろでてきた。生命力に驚く。今晩ふかしていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

日傘

日傘
昔母が日傘をさすのをうっとおしく思っていた。片手がふさがって邪魔臭いのにと。帽子もかぶらず太陽の下を平気であるいた。しかし今や日傘のありがたさを知る。日差しがもうつらいのだ。そうやって母の今までとこれからをなぞって生きる。しみじみと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »