« 嗚呼夏休み | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

2010年7月27日 (火)

だいじけん

 
 夏休みになる前の日、個人懇談を終え、留守家庭こども会で遊んでる息子を迎えに行って帰ろうとしたが、仕事が入って一旦離れ、お迎えの時間ギリギリに再び学校に行った。

 その日はなんだか馴れないヒールのサンダルを履いており、疲れが重くつま先にのしかかって、校庭の砂利を踏みしめるのもしんどかった。

 ああそうだ、今日は朝顔の鉢を持って帰るんだった。

 かーちゃん足が痛いからここで待ってる、とっといで。

 息子はぽてぽて歩いて中庭に向かう。

 鉢の前でじーーーっと見ている。なにしとんだ。

 こっちを向いて手招きをする。

 もーーーーーー!!なに!?

 「かーちゃん、だいじけんはっせい」

 見れば、となりの子の朝顔のつるが、息子の鉢に巻き付いていた。

 ・・・そうだね。引きちぎるわけにもいかないよね。
 くるくるからまったツタをゆっくりほどき、その子の鉢の支柱に巻き付けて、息子の鉢を解放してやった。
 その間、ヤブ蚊に足首ぼこぼこにされ、痛いやらかゆいやら、泣いたらいいのか笑ったらいいのかわからない気分で帰宅した。


 土曜、「触ってみよう能の世界」という体験をしてきた。
 アステールプラザの能舞台で、舞台上での振る舞い方、大鼓小鼓、笛太鼓を習う、体験学習だ。
 檜舞台なんかめったに上がれるものじゃないので、かーちゃんも白足袋はいて付いて行った。
 が、息子はまっっっっったく興味が無く、なぜ?なに?ととまどいつつ、ポン、とかやってたのであった。
 後半、実際に能と狂言を見たのだが、ハイライトシーンできっちり爆睡していた。あーあ。

 暑かった。
 帰宅して、そういえば今日は花火大会だなあなどと思っていると、大雨注意報が発令され、北の空がみるみる黒くなり、ゲリラ豪雨並みの水柱を見て興奮していた。

 と、だんだん、身体の中に熱がこもってる感じがしてきた。
 あれ?・・・
 熱を測ると、38℃

 かーちゃん、ちょっとしんどいから横になるね・・・

 するとちょびは、さささっと戸棚に行ってごそごそし、
 「はいっかーちゃん、こっちむいて」
 と、おでこにひえピタを貼ってくれたのだった。
 次に冷蔵庫に行き、麦茶をコップに注いで持ってきて
 「ゆっくり飲むんよ」
 と渡してくれた。

 T T

 あでぃがどう。。。(涙声)

 帰宅したオットに

 「ぱぱちゃ〜〜ん!だいじけ〜〜〜ん!」
 と体温計を持って走って行った。


 しかし本当の大事件はこれからだった。

 なんか寒気がしてきたので、ご飯食べて早々にお風呂に入って寝た。
 寝たのだが寝られない。
 自分でもおかしいほど震えるのだ。
 熱湯を注いだペットボトルを2本だっこして、毛布をかけてもまだ寒い。
 さむい、さむい、さむい、、
 と、思ったら今度は猛烈に暑くなる。
 のっそり毛布をはぎ、今度は冷凍庫から保冷剤をだして首筋に。
 体温は39℃
 あつい、あつい、あつい、、、
 
 その繰り返しを2セットばかり、ぜんぜん寝られなくて明け方5時
 体温を測ると40℃だった。

 なんなんだこれは。
 インフルエンザ、にしてはまるで他の症状がない。
 熱射病??
 ネットをなんとなく検索して見ると、体温の調節機能がなくなり、壊れた組織が腎臓に負担をかけ、腎盂腎炎に至る、なんてことが書いてある。

 これはただごとじゃないかもしれない。
 だって、なんなんだこの全身の痛みは!
 もう、あちこち痛いのだ。

 日曜の当番医を調べると、9時から受付。待ってられない。
 これからかかれる医者ホットラインに電話をすると、市民病院をすすめられた。

 午前6時、這うようにして市民病院の緊急外来へ。

 しーーーんとした暗いロビーで、しんどそうな人々が順番待ちしている。

 小一時間待ち、問診を受け、診察室へ。

 うーん、ということで尿検査&血液検査。

 30分後

 尿検査の結果腎盂腎炎ではなさそうだ。
 炎症反応値が高いので、どこかがなんらかのウイルス感染をしていると思われる。

 自分の検査結果の数値をモニターで見ながら、探偵の推理のような話を静かに聞く日曜の朝。

 抗生物質を処方され帰宅。

 薬飲んだがやはりその日も39℃〜36℃のジェットコースターライド気分で、立ち上がれないほど弱った。


 結局、あの全身の痛みは、発熱のための震えによる筋肉痛だったと思われる。

 未だに残る内蔵の平滑筋の筋肉痛は、なにを塗れば治るのか。


 と、こうして元気にブログを書くまでに回復したが、まだ立ちくらみ、日差しの中外出する勇気がない。
 が、死ぬほど電話がかかってくるので寝てられない・・・・T T

 高原で静養したいっす。


 


|

« 嗚呼夏休み | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

コメント

まあ!炎症反応が高かったなら感染による発熱ですね、
熱中症じゃなかったんですね。
内臓の平滑筋の痙攣後に残る筋肉痛・・・
私も年に数回起こるのですが、
病院では抗痙攣剤や筋弛緩剤が処方されます。
ほんと痛いですよね・・・歩けんくらい。
ムリせんようにどうかお大事に!

投稿: nori | 2010年7月28日 (水) 午前 12時59分

noriさま
そうみたいです ^ ^;
おかげさまで弱った身体にしじみ汁が染みましたよ。

内蔵の筋肉痛って初めてでびっくりしました。noriさんあんなのたびたびやってるんですか!?そらしんどいわい。。

徐々にエネルギーが満ちてきました。今充電60%くらいか。

ありがとうございます。ぼちぼちやります。

投稿: はなみ | 2010年7月28日 (水) 午前 02時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だいじけん:

« 嗚呼夏休み | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »