« くつした | トップページ | やさしい入道雲 »

2012年4月24日 (火)

自分をそこに見る

 参観日があった。

 国語の授業で、「ぼくのわたしの自己紹介」。
 事前授業で、紙に自分が好きなものやことをいろいろ書き出して、そこから1つのトピックを紙に書き出して発表するというもの。
 絵を描いた方をみんなに見せ、裏の作文を読む。

 「ぼくがすきなことは、サッカーです。サッカーをすると、たのしいからです。たくさんゴールをきめたいです」
 パチパチパチ
 「わたしのしょうらいのゆめは、おいしゃさんになることです。たくさんびょうきのひとを、すくってあげたいからです」
 おおー、パチパチパチ
 「ぼくのすきなきせつは、はるです。きもちがよくて、ちょうちょやはなが、たくさんあるからです」
 パチパチパチ

 息子の番だ。

 あれ?あれ?
 縦書きの紙なのに、横向きに絵を描いておる。
 友達に指摘されて横向きに出すと、うらの原稿が読めない。
 くるっくる紙をまわし、笑われ、本人も笑っておる。
 「ぼくがすきなことは、ウイーのマリオです。パパと、すてーじ2のボスがたおせないのでくやしいです。はやくボスをたおしたいです」
 パチパチ・・

 ゲームかよ!!!(参観保護者の心の声が響いたような気がした)

 そこにはテレビに向かって、ながながと横になってゲームに興じる馬鹿親子が描かれていた。

 かーちゃんは恥ずかしいです。

 「ぼくのしょうらいのゆめは、サッカーの日本代表になって、ワールドカップにしゅつじょうすることです。ぜったいに日本代表になりたいです」

 そんなリッパな夢を抱いてる子もおるわけだ。

 どこでどうまちがえたか。

 帰り道、自転車を押しながらとぼとぼ聞いてみる。

 「あのさ、なんでゲームにしたの?」
 「ぼく、すきなことっておもったけぇ、ゲームにしたんじゃけど、みんなぁ、しょうらいの夢とかはっぴょうしたけぇ、どうしようかなーってドキドキしたんじゃけど、Kくんもマリオ好きっていったけえ、ほっとしたんよ」

 あのなぁ、自己紹介ってのはな、自分がどういう人間に見られたいかをさりげなく表現する行為なんだよ。おまえが発表したことはな、ぼくはゲームばっかしやってるアホ人間ですって表明だよ、
 と言いたかったが我慢した。


 小学3年生。でかくなった。
 幼さがどんどん抜けてきた。
 言葉遣いも、話す仕草も、子どもだけどもう幼児ではない。

 そしたら、その姿のあちこちに自分が見えてきた。
 朝起きない。だらだら着替える。出したら出しっ放し。あいさつできない。素直じゃない。ふざける。子どもらしくない。
 自分のきらいなとこばっかしそこに見る。
 いやだ。
 8年、ほったらかしにして育ててきた結果がこれだ。
 もうぼちぼち、親の言うことも聞かなくなる。
 どうしたらいいのか。
 などと悩む。

 じゃあ、どんな子なら自慢の息子なのか。

 さあ?

 欲を言えば、なんかこう、夢中になってほしい。
 お友達は、将棋に夢中だったり、熱心にサッカーやってたりする。
 やつは野球習いにいってるけど、ぽわぽわ野球なので、老人倶楽部みたいだ。

 でもさ、自分だって夢中になれるものなんかこの人生にいっこもなかったじゃないか。
 だからこんな、野良犬みたいな川端クンクン人生なんじゃないか。
 それがいちばんいやだ
 息子には、なんだっていいから自分が好きで夢中になるものにのめりこんでほしい。

 
 などと心を痛めながら雑誌の片付けをしていた。
 暮しの手帳のバックナンバーを捨てるつもりで読み返してみたら、佐々木正美さんという児童精神科医の方が書かれたものが目にとびこんできた。

 「私たちは豊かさや自由に恵まれた環境の中で、いつのまにか、少しずつ、自己愛的で自分勝手な生き方に陥っているのかもしれません。
 そして子どもが望んでいることに心や手をかけてやるよりも、親や大人自身が希望し期待することのほうに意を用いる傾向を強くしてきてしまったのではないでしょうか」

 そのとおりでございます。
 いかんいかん、ますます親の期待するほうに意を強くするとこだった。

 「子どもというのは、自分で望んだことを望んだとおりに、どのくらいしてもらえるかということが、自立への基盤になります」

 「子どもの意思の力が弱い場合は、育てられ方の中に優しさが不足していたことがほとんどです」

 ああ耳が痛いです。

 こどもの「・・・したいな」の芽をむしってきたのはこの私かも。
 
 いやだ。いまからでも遅くはないかな。


 参観日のあと、骨折した友達を気遣い、松葉杖を持ってあげたりする息子の姿を見た。
 どの子ともなんとなくうまくやっており、どんなグループの遊びにも「いーれーて」と入れてもらえるんだそうだ。
 ちょっとした嫌がらせやけんかや暴力などというトラブルを耳にするようになったが、するりとかわして楽しそうにしているのは、大きな才能ではないだろうか。
 ごろごろだらだらしてるけど、鼻歌うたって上機嫌だから、まあ、いいのではないだろうか。

 ダメなとこにばかり目をやっていると、悲壮な気分になる。

 自分の中にもまあ、いいところがあるんじゃないかと思うようにする。
 息子もまあ、元気ならそれでいいかと思うようにする。


|

« くつした | トップページ | やさしい入道雲 »

コメント

こんにちは。お久しぶりにおじゃまします。

うちも小二の長男が、朝起きない、挨拶できない、言うこときかなくなって反抗期入ったかな?と似ています。
特に挨拶は、親が手本を見せれば…と、やってみせても叱ってもしません。
育て方が悪かったかと、自分を責めたりもしましたが、『三つ子の魂、百まで』とか言うのが、本当の意味は、性格は産まれた時から決まっていて、三歳くらいになれば、周囲の人もその子の性格が分かって、一生そのまま。と、ある意味救いがないような気がしますが、そうらしいです。
でも、お陰で育て方の問題ではないんだと安心しました。解決にならないので困りはしますけど…

投稿: meguri | 2012年7月16日 (月) 午後 10時26分

meguriさん、おひさしぶりです!

そうか、meguriさんの息子さんも小学2年生かー。

そうそう、育てたんじゃなくて、「育った」んだと、ほんと思います。
これからも勝手に育っていくんでしょう。
ま、見守るしかないですね。それが子育てなんでしょうかね。

投稿: はなみ | 2012年8月12日 (日) 午後 10時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分をそこに見る:

« くつした | トップページ | やさしい入道雲 »