« 自分をそこに見る | トップページ | 鼻たかたか »

2012年6月 6日 (水)

やさしい入道雲

 野球教室の帰り道。

 ぼんやり夕暮れの空を見上げていたら、

 「あのさぁー、ちょびね、こう、イメージで考えたんよー。」
 
 ふんふん、なになに?

 「このまえさぁ、野球見にいったとき、にゅうどうぐもがおったじゃない?」

 先日、マツダスタジアムにカープを見に行った時のこと、
 山側にもくもく、でっかい入道雲が出ていた。
 あれがこっちに来てザーーーって降って中止〜とか、あははー、
 などと話していたが入道雲が球場にやってくることはなく、無事試合終了(負けた)。

 「あの山のあたりにはたけがあって、
 おじさんが『水がなくてこまった、どうしよう』ってこまってて、
 それを見たにゅうどうぐもが、
 『よし、雨をふらせてあげよう』って行って、じゃーって水をあげるんよ。
 で、『お、あっちは球場だな、行っちゃだめだな』って、こっちにはこんのんよ。」

 ふーん、やさしい入道雲だねぇ。

 「そうなんよ。そういうやさしいにゅうどうぐもばっかりだったらいいなーって思ったんよ。」

 そうだねぇ。

 

 夕暮れの雲は筋雲で、入道雲はいませんでした。
 
 風もさわやかで、ずーっとこうしていたい気持ちになった。

|

« 自分をそこに見る | トップページ | 鼻たかたか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やさしい入道雲:

« 自分をそこに見る | トップページ | 鼻たかたか »