2008年4月11日 (金)

【脳内ストリップ】時間脅迫

最近夢あんまり見なかったのに、ここ数日毎日(毎朝)見る。

4/8
時間がない!P.M.9:30発の夜行寝台に乗らないといけない。
山手線で上野駅に。(石川さゆりか!?)
人の群れをかき分けて駅のホームを走る。
ああ、間に合いそう!珈琲が飲みたい。でも買ってる時間がない、もうホームに降りよう。
昭和っぽい、薄暗いホームに滑り込んできた列車に飛び乗る。
切符を見ると、先頭車両、2階。
列車の外階段を伝って2階へいくと、列車上部がテントになっていた。
ジーーーーーーッとチャックをあけて中へ。
見知らぬ人がもう、寝袋に潜り込んで寝ていた。
一番隅っこに横になる。
走り出した列車。すごい風圧でテントがばたついて眠れない。


その日、午前中に済むはずの打ち合わせが妙に長引き、どうも雲行きがあやしいハナシで抜ける訳にもいかず、P.M.1:30の約束に間に合わなかった。つか、打ち合わせをやっとおしまいにできたのがP.M.1:30だった。すみません1時間で行きます!と告げて車をぶっとばす。おなかがすいた、珈琲が飲みたいけどそんな時間はない。幸い道は空いていたが、高速道路でいつも以上に前の車が左車線へと流れていくのを見ながら、ああ、今事故ったら死ぬな、約束の時間に遅れるのと、死んじゃうのどっちが大変かな、死んじゃったらちょびはどうするのかな、葬式は大丈夫かななどと考えていた。
車を停めて走る、P.M.1:32にドアを開けて飛び込む。打ち合わせを終えてまた高速飛ばして帰る。保育園お迎えのリミットP.M.7:15に保育園に駆け込む。


4/10
そこは新しい家への帰り道。仕事帰り、その川沿いの道を歩いていた。
夜遅くまであいているペットショップがあった。
これでたろのエサは大丈夫だ。
家に帰ると誰もいなくて、おじいちゃんが革のかばんをつくっていた。
私にも作り方を教えてくれるという。
がま口型のかばんの口金部分の、ギャザーをよせる革のところが難しい。
ふと、そのかばんの中を見てみると、おじいちゃんの落款が押してあった。
あれ?もう押したの?できてから押せばいいのに、と言うとおじいちゃんは泣き出し、
「もしわしが死んだら、おまえがこれを完成させておばあさんにあげて欲しい」という。
おばあさんから、母へ、母から私へと使い続けて欲しいという。


いやいや、おばあちゃん、もう死んでるし。
つか、おじいちゃんあなたも死んでるし。
犬のたろも、死んでるし。 と思いながら目が覚めた。
死んでる者しか出ない夢。どうなの。
たろは、中学生のとき、親に無断でペットショップに電話をかけて注文し、やむなく我が家にやってきたシェルティーである。生後1年経たずに、家の前で車に轢かれたのが原因で死んだ。おじいちゃんは不思議な人で、今でも彼が何の仕事をしていたか知らない。長期間インドに行って当時珍しかった8ミリを撮ってきて上映会したり、骨董品を収集していたり、難しい歴史文献が倉庫いっぱいあったりした。小学生の夏休み、長野・白馬岳や北海道一周など、あちこちつれ回してくれた。だけどかばんをつくるところは見たことがない。


4/11
遠浅の美しい海が広がる南の島に、修学旅行で来ている。
といっても参加してる人はみんな知らない人たちだ。
知らないながらも、なんとなく一緒に泳いだりはしゃいだりしていた。
男子と女子は、ぱっかり分かれて遊んでいる。
今日が最終日で、もう帰国する日だ。P.M.3:00にはここを出発しないと飛行機に間に合わないと誰かが言っていた。
そろそろ帰る支度をしようかー。
仲良くなった女の子と、更衣室へ。
蒸し暑いけど、高い窓から日が射して、さらさらの白い砂はひんやりしていて気持ちがいい。
木のベンチに腰掛けて、裸でだらだらしていた。
濡れた水着をどうしよう、そのままトランクに仕舞うのいやだな、
なんて考えながらふと時計を見ると、P.M.3:30。
ええっ!なんで!?集合の合図とか、なかったよね!?
外に飛び出すと、もうだーれもいなかった。
置いていかれた・・・
団体旅行のツアーチケットなので、後の便には多分変えられない。
自腹で高額定価チケット買って帰るハメになるのか?
でもまだ間に合うかもしれない、とにかくタクシーで空港へ行こう、
と電話を探すが見つからない。誰もいない。一人も。
一緒にいた彼女は帰国をあきらめたようで、もう一度水着を着ようとしている。
いやいやいや、早く!誰か!タクシー呼んで!!!


ちびりそうになりながら目が覚めた。
あ。
今日は保育園、お散歩の日だ。お散歩だから明日早く来てくださいねと昨夜3人の先生方からかわるがわるクギをさされていた。うちはいつも朝が遅い。
起きろちょび!食べて!着替えて!化粧もそこそこに車ぶっ飛ばして保育園へ。みんなもう水筒をななめがけして帽子かぶって園庭に並んでいた。


どうしてこう、時間に脅迫されるのだろう。
なぜこうも時間に余裕を持って行動できないのだろう。
記憶はないけれどおそらく時間に関するトラウマがあるに違いない。
早めに行って待つことができない。それがいやで、時間を都合よく解釈して甘めに読んで、結果ギリギリになって死ぬほどあせる。夢の中でもやっぱりそうだ。これは死なないとなおらないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

脳内ストリップ・初夢篇

明けましておめでとうございます。

新年早々見た夢はなんだか訳の分からないものばかりだった。

元旦の朝に見たのは、アルフィーのコンサートの入場列に並ぶ夢だった。
なぜアルフィー・・・
二日の朝に見たのが正式には初夢と言われている。
それはこんなのだった。
はたして今年はどんな年になるのであろうか・・・・謎である。



なにかの広告の撮影をしないといけないのだが、
手配のモデルが間に合わず、止むを得ずわたしが代役となる。
そりゃ無理だろうと思ったが、遠目の後ろ姿というから、しぶしぶ
衣装に着替える。ご丁寧にメイクまでしてもらう。

撮影は屋外という。2時間後に集合と言い渡され解散。
その場所まではなんだか険しい道が続き、とんでもない山奥にある。

メイクさんととぼとぼ歩き出すと、彼女の師匠とばったり会う。
「ちょっと直すわよ」と、そのひとがわたしのメイクを直す。
彼女は屈辱的だったのだろう、むっとしていた。

その腹立ちまぎれで彼女は「チャリで行く」と言い出した。
もはや日は暮れかけている。今こんな山道にチャリで入ったら遭難する。
必死で彼女を説得し、スタッフの車に乗せてもらうよう頼んだ。

車が到着したのは山奥に似つかわしくない、ガラス張りの部屋だった。
そこでなにか、新年を祝うパーティーのようなものが始まっていた。
撮影スタッフもみな、そこで楽しそうに酒を飲んでいる。
どうやら今日の撮影は流れたらしい。
なんだよ、と思いつつその場所を離れる。

すると、見知らぬなれなれしさで体格の良い男性が近づいてくる。
施設の中をあれこれ案内してくれる。
そこは古い小学校のような陸上競技施設で、
グラウンドが見えるロッカールームに着いた。
彼は、世界大会に出場するんだ、全国ではなくて世界ですよ、と
自分が棒高飛びのすごい選手であることを自慢する。
鳩が求愛する時に、羽根をふくらませて大きく見せて
ぐるぐるとわたしのまわりをまわるような目つきだ。
僕の練習するところを見てくださいよ、と言われグラウンドに出る。

グラウンドには恐ろしく高い棒高飛びのバーが設置されていた。
数人の選手が助走して長い棒をしならせてはきれいに飛び越えてゆくのが見えた。
手前に小さなバーがあり、あれっと思ってみると、
小さな子象が、バーを飛び越える練習をしていた。
首をふるふる振って、あとずさりしては、どどどどっと走ってバーをなぎ倒す。
あの象、たしかテレビで見たけど、芸をさせられて見せ物にされていた象だ。
「ああ、あれ、可愛そうだということで、うちの財団がひきとったんですよ」
ひきとられてなお、こうして芸をしこまれてるじゃない、
と言おうとして止めた。

ぼんやり眺めていると、彼方から真っ白いものが覆いかぶさるように来た。
砂嵐だ。
みるみる景色が白く濁ってゆく。
まわりの人はみな、やりすごそうと地面にしゃがみ込んでゆく。
いやだ、と思っていると、その男性がわたしを抱きしめた。
肩から頭を、両腕にすっぽり抱き、しゃがみ込む。
汗のにおいのするTシャツ一枚で、肉体を近くに感じる。
まわりはもう何も見えない。
砂の、ちりちりいう音だけが聞こえる。
息もしたくない。
抵抗せず、おとなしく抱かれながら
川端康成の小説でこういうのがあったなと思い出す。
その少女はオパアルの指輪を自慢したい幼稚さで、
裸の体のまま湯の中で男に抱かれるのだった。
抵抗しなければ、きっとこの男はわたしがまんざらでもないと
勘違いするだろう。
そう思いながら、抗うでもなく、じっとしていた。

しばらくして、遠くの空に青みが戻り、
すこしずつすこしずつ、嵐は収まっていった。

腕の力を緩めると、髪やスカートについた砂を
その大きな手でやさしく払い、
なにか自信に満ちた目で見て、グラウンドに向かっていった。

練習を見る気はさらさらなく、
しかし真っ白になった道をたどって帰ることができるだろうかと
足下の砂をざらざらと蹴った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

斉藤くんが来た/浮気症

ファンサイトに
「斉藤くんに来てほしい人、募集!」
とあったので応募してみると当たった。
心臓が飛び出るかと思うほどバクバク。
そして広島駅にお迎えに行った。

ひょろっと、「どもー」と、一人である。
そんな気軽に・・・
自宅まで案内する。
そこでとりとめのない話しをしてると
「こんど、ニュース23のオープニングテーマソング
 つくることになって。んで、これがデモ」
と、カセットテープを取り出した。
ラジカセで聞いてみる。
ざくざくとした音のギターに合わせて歌う声。

「昭和のムック、平成のガチャピン
 昭和のムック、平成のガチャピ〜ン♪」
という歌詞だった。深い。

それから夕ご飯をすすめたがもう帰るという。
玄関先で、一緒に写真を撮ってもらう。
笑顔が不自然だ。
猫背の背中が「どもー」と後ろを向いて
ドアを閉めて出て行った。

ーーーーーーーー

ある企業の取締役会に呼ばれて行った。
そこで紹介されたのが取締役副社長。
名刺の肩書きに、なぜか「刀鍛冶」とある。
食品会社の社長がなぜ刀を鍛錬するのか?

真っ黒い髪は少し長めでごわごわと癖がある。
まだ若く、整った顔をしてる。
りりしい眉と強い目でキッと見すえて
「君はどうしてこういう屋号にしたの」
「君はどうしてこういう仕事をしているの」
「君はどうしてそんな服を着ているの」
次々に質問攻めにする。

戸惑いながら答えを探していると、
側にいた若い女性が言葉を遮り、
「お時間ですので・・・」
と副社長に退室を促す。

副社長のいないまま会議は続き、
終了後帰ろうとしたらあの女性に声をかけられた。

美しい彼女は人気のない廊下で二人きりになると
わっと泣き出した。
「ごめんなさい、わたし、あの人の妻なんです」
副社長の妻だと言うその人は、彼の側に居て
いつも彼を見張っているのだという。
「彼は浮気症で、見る女性みんなに
 手を出さずにはいられないんです」

確かに彼の目は異様に力があった。
心をぐっと掴まれるような感覚があった。
彼女の心配もわかる。
泣きじゃくる彼女をわたしは抱きしめ
「大丈夫ですよ」
と、根拠のない慰めを言った。
モヘアのニットを着た華奢な肩は
たよりなくて愛おしく
むしろ彼女の方に心を揺さぶられる思いだった。

ーーーーーーー


以上、ここ最近の「脳内ストリップ」でございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

着物トライアスロン

スタートラインには合図を待つ出走者たちが
気合い十分でアップしている。

隣にはお煎茶のお師匠。
今日の日のために新調したお着物だ。

藍大島で、なんというか南国の蝶のような模様で、
袖先と裾に白っぽい柄があり、
訪問着のような柄合わせになっていた。
帯は横段のぼかし染めの、紺色の帯。
白っぽい帯締め、ゼッケンをつけている。
両袖をチョイと持ち上げ、
「どう?どう?」くるりっと一周。

「そんないい着物で参加して大丈夫なんですか?」
「あのね、大島は何度も水をくぐらせた方がいいのよ」


ヨーイ、パン!

合図とともにお師匠、たたたたっと小走りに走り出し
コースである水路にバッシャバッシャと
飛び込んでゆく。

やっぱおニューは早いなー、などと見送り
自分も後を追う。
なぜか自分は着物で参加する資格がないと思い込み、
白い短パンにTシャツの軽装であった。

水路の水は重く、思ったように進めない。
肩くらいの水は冷たく、時々顔にかかる。
ハアハア言いながら進んでいると、
時間差でスタートした男子集団に追いつかれてしまった。

男子たちはそろいの法被姿で神輿を担いでいる。
その集団にもみくちゃにされ、神輿で頭を殴られながらも
遅れまいと必死で進む。


水路の部が終わり、給水ポイントに到着。
お茶のお稽古仲間が、余裕の表情で水を飲んでいた。
「はなみさ〜ん、遅〜い!」
みんな着物の端から水をぽたぽたしたたらせている。

これから陸路、長距離走か。
途方に暮れつつ、水を含んだ着物で走るのは
重いだろうなーなどと考えていた。

ーーーーーーー


もはやどういう項目で夢占いの本をひらけばよいのか
すらわからない夢である。

手元にあるのは梶原まさゆめ著「夢占い」主婦の友社刊。
こういうサイト「眠り男の夢占い」もある。
(uka殿には「けっ!!」(俺には当てはまらねぇ)
と評価されたサイト)


ひとまず、「着物」
⇒日常と違う状況から発生する緊張感や
自分を違う見せ方で表現する場所や環境をあらわします。
着物を着た女性を見るのは、日常生活にメリハリがなく、
自分をアピールする機会が少ないことを表します。

「走る・泳ぐ」
⇒足が動かず、うまく走れないのは、いらいらやストレス、
思い通りにならないことを暗示します。

「競争、競技」
⇒現状の対人的なストレス、または仕事のノルマや
課題に追われていることなどを反映します。

「御神輿(みこし)をかつぐ」
⇒ 意外な風景に御輿が現れるなら、夢主の身の回りで
喜ばしい出来事があるかもしれません。
状況によりますが、体調を崩さないよう注意も必要です。


一体わたしはどういう状況なのでしょうか。
だれかおしえてください。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006年8月 8日 (火)

【脳内】ファッションショー

どやどやと階段をのぼっていく。
まわりはモデルばかり。

みな少しの時間でも鏡を見て、グロスをひいたり
イヤリングを直したり
髪をいじったりしながら階段を上がっていく。

その群れに押されるようにしてわたしも進む。

身につけるよう配られた
繊細なブレスレットがこわれて、
ちいさなルビーのビーズを
金の金具に留めて直そうとしつつ
階段を忙しくのぼる。

横には梨花がいて
「あんたしゃんとしなさいよー」
とカツを入れられる。


どうしよう。
ウォーキングすらしたことないのに
ステージに立つなんて大丈夫か?
でも、そんなこと口にしたら
プロ意識が足りないと怒られそうで
黙ってついていく。

金具が留り、なおったブレスレットを
手首につける。
繊細な金のチェーンがゆれてきれいだ。

あ、マスカラ塗ってない。

「んもーしょうがないわねー!!」
梨花のバッグからマスカラがさっと出る。
その中の化粧道具、すべて取り出しやすく
工夫が凝らされていて、
さすがプロ!
と、うなった。


ステージの控え室
ホテルの宴会場のようなところで
今日の説明がはじまる
戦闘態勢のモデルたちは殺気立っている。
なにやら紙をだして、司会者の合図にあわせて
みんな歌いはじめた。

紙もってないけど・・・
ギロッとにらみながら
梨花は紙を見せてくれた。
知らない歌だけど、一緒に歌った。


______


という夢であった。

なぜに梨花か?

バラエティ番組などでガハハと笑う彼女も
雑誌のスチール撮影ともなると
その場にいる者がため息を漏らすほど美しくなる。
さすがプロ。
というのを何かの雑誌の編集メールニュース
で読んだ、からだろうか。

なにか新しい体験や新展開を暗示する夢
なんだそうだ。

しかし梨花と同じステージに立つことだけは
勘弁してもらいたい。(ないか)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

海老晩餐

仕事で打ち合わせをした知人が忘れ物をしたので
届けることにした。
訪れたマンションの一室。
ピンポ〜ン、と鳴らすと
血相をかえた知人が出てきて
腕を掴んで中に引きずり込まれた。


「どうして来たの!?」
どうしてって・・・忘れ物を届けに・・・

薄暗い室内、キャンドルの明かり
そこには立ち見が出るほどの大人数がいて
白いテーブルクロスがかかった
3つの大きなテーブルをぐるっと囲んでいる。

「ここで見たこと、絶対他でしゃべっちゃいけないよ
しょうがない、もうここで見てて」

そこでは、3人のシェフによる
究極の料理バトルが繰り広げられていたのだった。

それは秘密裏に行われる「グラン・メゾン・なんとか」
という会らしく、ルールも厳密に定められている。
3人とも同じコースメニューを作るが、
材料は各自が調達する。予算の制限はない。


テーブルを覗き込むと、
前菜の皿が下げられたところだった。
来場者はドレスアップし、
興奮気味に話しをしている。

次々と色鮮やかなお皿が運ばれて来る。
それぞれのシェフが説明するのを聞きつつ
着席した人々はナイフとフォークを運ぶ。

恍惚の表情で美味しさを語り合う人々。
普通の食事ならば無作法とされるほどの
会話の声に驚きつつ
会場全体が徐々に熱を帯びて
トランス状態になっていくのがわかる。

ふと目の前の人が椅子から立ち上がり
わたしをぐいと掴んで座らせた。

口直しのアミューズ。

納豆と紫蘇をたたいたものを
カクテルグラスに盛りつけてある。

外国人シェフだと、こういうのが新鮮なのだろうか
などと思いながら口にする。

次の料理が運ばれてきた。
オマール海老のサラダだ。

ぷりっぷりの海老に黄色いソースがかかり
レタスのプリーツが美しい。

目の前に皿が置かれた。ナイフを手にして














「朝だよ、おきて」




夢であった。




「海老、えび・・・たべそこねた・・・」

「なに寝ぼけてんの、もう8時だよ」



シャーッとカーテンをあけるオットを
これほどうらめしく思ったことはない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)