2007年7月 5日 (木)

夏のうつわガラス二人展

今日、八丁堀福屋本店7階ギャラリー101にて開催中の
「池本美和・西川慎
 ー 夏のうつわガラス二人展 ー」
に行ってきました。

 池本さんと西川さんは、山口県・山陽小野田市の
きららビーチという海岸にガラス工房を開かれている。
この3月、取材で訪問し、お話を伺い、
お二人のお人柄と、作品に対する思いと、
溶けて流れるガラスの美しさに
すっかり虜になって帰ってきた。

いやー、ほんとにガラスって、綺麗。

続きはお手数ですがこちら↓で。
Sunari 燃えつづけるガラス


余談ですが、レースの花入れをいただきました。
レース?
そう、まさにレース。繊細な白い線が編まれたように。
どーやって作ってあるんだ??すごいです。

もっとお金持ちで、アクオスのCMに出てくるような家に住んでんなら買おうと思うものばかりでしたが、ひとまず、今の私に買えるものを。


作家さんに限らず、やっぱりどんな美辞麗句を送るより、応援したり評価したりすることは作品を求めたり使ったりすることなんじゃないかと思う。

誕生日も近いし。(つー理由でどんだけ買ったや?)

で、そのレースの花入れを作るのに、
まず片側を閉じて吹くんだけど、
閉じた時に切り落とされたのが
かわいい、花のようなかたち、
普通は放置してて割れちゃうんだそうですが
西川さんたちはちゃんと放熱炉でさまして
かわいい箸置きにされてました。

いただいた花瓶の、落としたかたわれの箸置き、
あ、これですよ、とみつけていただいた。
つまり、これは、この花瓶のへその緒だ。
一層、愛おしくなります。

さあ、どこに飾ろうかな。

■「池本美和・西川慎ー夏のうつわガラス二人展」
広島・八丁堀福屋本店7階ギャラリー101
平成19年7月5日(木)〜7月11日(水)

■きらら工房 M.M Glass Studio
山口県山陽小野田市焼野海岸

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

岩手の小久慈焼

用があって三越に行った。
ついでにぶらぶら6階あたりを見てみると、
なにやら焼き物が並べてある。

ふむふむ、と見ると、
「ここだよ・・・」と呼ぶ声が。
そこには、この人たちがおりました。

Kokuji


この、「しのぎ」というのが、好きなんです。
いつか欲しいなあと思っていて買いそびれてて。
これ、お茶碗ですが、たっぷりスープとか、カフェオレとか
あったかいものがいいな。

この茶碗を作った方がいらっしゃって、ちょっとお話をした。
まだお若い方でした。
「この削る道具は、ゼンマイ時計をバラして、ゼンマイ部分のバネを使ってるんです。握り込む強さで、削る幅が決まるんです。なんだって道具にしちゃうんですよ」。

ほかにも、のびのびした優しそうな普段使いの器がいっぱいありました。
すり鉢も、摺目のところにゆう薬がかけてある。珍しいそうです。


●広島三越6階
 「津軽・南部 匠の技展」6/18(月)まで

小久慈焼

| | コメント (0) | トラックバック (0)