« 2006年5月 | トップページ | 2008年4月 »

2006年6月 6日 (火)

潔い人生

クリエイティブディレクターである彼女と
仕事の合間にランチをご一緒した。
午前中打ち合わせがあり、そのままランチ。
ランチ後は帰社予定。

飴色のヌメ革が編まれているトートバッグは
マグネット式の留め具があるが、ほぼ止めず
がばっと開いた状態で放り込まれている。
これが、開いて中身を見た状態。


1_2


「あーパンツ置いてきてよかった」

かばんはこれ一つで出勤するのだが、
家から出るときには、この中に
サブバッグがもう一つ入っている。
会社帰りにジムに寄るための荷物で、
その中に替えのパンツも入っている。

会社のデスクの横にサブバックを置き、
仕事仕様になった中身がこれ。

2_3


スケジュール帳、名刺入れ、財布、
チャリの鍵、ケータイ、小ポーチ、
サングラス、タバコ、打ち合わせ資料。

印度綿のポーチの中には、ライターと
「飴ちゃん」が入っている。

基本的に化粧直しはしないので、
化粧ポーチは持ち歩かない。会社にも置いていない。
持ち歩くのはリップクリームのみ。

だいたい中身のラインナップはいつも同じだが、
これに増えるとしたら、新聞や雑誌が加わる。
さらに、いつもはもっとペンの数が多い。
水性サインペンの赤と黒は文字校正などで必携。
今日は必要なかったのでペンケースは
会社に置いてきた。


3_3


このスケジュール帳は仕事用。
休日にはこの手帳がプライベート用に差し替わる。
仕事用の約半分の大きさの手帳。
仕事とプライベートはきっちり分けて管理している。

仕事用とプライベート用と、かばんを使い分けたり
することはほとんどない。
常にこの大きさ・容量のものがベストで、
手持ちのかばんはほぼすべてこの大きさ。

「どこかでモノを買ったときに入らないのがいや。
小さいかばんはどうやって持てばいいのかわからない。
よくあんな小さくて入るなーって感心するわ」

季節や気分によって時々違うものに持ち替える。
気に入って使っていたかばんが壊れたので
最近は専らこのかばんを使っている。


それにしてもシンプル極まりない中身である。
持ち物って生き様が現れるよね、と言うと
「すべて捨てていく人生よね」
さっぱりとした表情で言い放つ様は
男前で素敵だった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

愛情爆発

もうすぐ6ヶ月になる男の子のママ。
愛する息子とのラブラブ産休を満喫中。
行動範囲も徐々に広がり、目下どこへ行くにも
ドライブデート、らしい。
この日も車でちょっと遠出、準備万端のかばんの中身。
「えー、そんなたいしたもん入ってないよ」
とごそごそと中身を取り出す。
べビーカーでの移動なので、重くても大丈夫。

Photo_7

ママバッグはアニエス・ベーのショルダーバッグ。
ママバッグとして作られたものではないが、
それ自体が軽く、仕切りやポケットが多く便利そう、
ということで産後に購入。

どちらかというときっぱりと潔い普段の彼女、
ピンクのかばんを持つイメージはなかったが、
息子が産まれたとたん、今まで見たことがないような
スゥィートな表情を垣間見せるようになった。
愛情のダム一挙に放出中、
その甘く幸福なフェロモンがこの色を手に取らせたか。

2_2


息子ケアグッズとママのもの、ひとつのかばんの
仕切りを利用してすべて収納。
内容物の約8割が息子関連グッズ。

3_2

まずはミルク。とはいえほぼおっぱいでよく
長時間お出かけならではの予備用。

4_2


ジップロックに収納されたおむつ数枚、おしりふき、
使用後おむつ収納用の消臭ビニール袋、
小さいポーチの中には綿棒、清浄綿など。
ちいさいベビークリームも見られる。

5_2

ご機嫌とり用のおもちゃ各種。
木でできたがらがら、スーパーなどでもらうビニール袋。
このカサカサいう音が好きなんだそうだ。
黒ネコはシリコンのようなものでできていて、
思ったよりずっとふにゃふにゃとやわらかい。
四つ足で立たせてちょんとつつくと、ふるるるん、
と動く。
旦那様が一目惚れして買ってこられたそう。

6_1

ママ関連グッズ。
必須の母子手帳、ケータイ、財布、ハンカチ、
筆記具、カードケース(?)、デジカメ。以上。

息子の一瞬の表情も逃すまいとデジカメは必携。
うつぶせになるとぐっと頭を上げて「ひこーき!」
その表情もちゃーんとカメラに収める。
名前を呼びつつカメラを構える顔は笑っている。
愛情のダム大決壊である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2008年4月 »