« オープンマインドで | トップページ | しびれる »

2006年9月15日 (金)

お子様にできるだけの機会を

とある昼下がり、電話が鳴った。
英語教材の無料進呈サンプルビデオを送るので
息子に見せてやってほしい、という。
そういうセールスの電話は少なくない。
へえへえ、と適当に応えて切る。

そしてマザーグースを題材にした
アニメの動物たちが英語で歌って踊る
サンプルビデオが届いた。

息子に見せたが、ぼーっと見てる。
その前に届いたディズニーのビデオの方が
気に入ったようだ。恐るべしディズニー。
2さいの脳はスポンジのようで
意味もわからず丸覚えで歌っている。


さて、そんなことも忘れかけたある日
また電話が鳴った。
お届けしたサンプルビデオ、お子様の反応はどうだったか?
という電話だった。
がっつりセールス電話だ。
しかしその話し手の女性はなかなかの手管の持ち主と見た。
結末はどうなるのか見届けたくてしばしつきあう。
受話器を肩にはさみ、用事をこなしながら受け答えする。


まずはほめる。
「まーお母さん、よう知ってらっしゃるわー」
「しかし息子さんの◎くん、いいお名前やねー
画数がいいわ。未来があるお名前やね」

次に実績を知らせる
「中区中心に電話させてもらってるんですけどね、
エイショウ幼稚園のお母様に買っていただきましたし、
広大の先生にも買っていただいたんですよー」

ビデオを見た息子の反応がイマイチだと知ると、
「無理もないわお母さん、あれ、小学生英語レベルよ、
2さいのお子さんには無理やわぁ。でもね、マザーグース
というのは大学で研究されて、とても教材に向いてるの。
今与えても小学校卒業までずーっと使えるんですよ」

そして脅す
「お母さん、小学校ではもう理科社会無いって知ってました?
もうそういう教科はないんですって。いまは国語と算数、
これからはもう英語ですよ、英語。◎くんが小学生になる
頃には、英語のレベルでクラス分けされるそうですよ、
ある程度できる子と、そうでない子と。そんなんかわいそう
ですよねぇ。いまからできることはしてあげないと」

他社との比較もぬかりない
「ディズニーの見られました?あれね、ミッキーは全体の
2割くらいしか出ないんですってよ、サギやねー。それに
ディズニーの教材いくらするか知ってらっしゃる?80万よ
80万。それはちょっとお高いと思うんですよ。うちのはね、
3●万(委細失念)なの、これならいいと思いません?」

支払いの詳細に話しは移る
「でもこれだけの金額どーんとって無理ですよねぇ、だから
みなさん分割にされるんです。月々3600円、ね、手頃でしょ、
英語の家庭教師を頼むとおいくらかかると思います?だいたい
2,3万ですよ月に。だったら小学校高学年まで使える教材を
選ばれた方がねぇ。え、ボーナスがない?それじゃあ8600円
になりますけど、ねえ、お母さん、お仕事されてるんなら
どうでしょう、8600円、◎くんのために、どうでしょう」

オットに相談しないと・・・と逃げようとすると
「それはどうでしょう。あのねおかあさん、100人のご主人の
うち、英語教育に理解があって買うのを承知してくれたご主人
何人いると思う?え?いやいや、せいぜい2,3人よ。
もうたいがいのご主人は自分が英語使わないもんだから
理解ができないのよね、そんなのダメだっておっしゃる。
おたくのご主人はどうかしら?ご職業は?え?美容師さん?
あらーわたしも男の美容師さんに髪切ってもらってるんだけど
こうしてほしいって言うのにたいがいそうしないのよ、
プロの目で見てそうしたほうがいいと思うんだろうけど
ガンコよね、芸術家肌っていうの?ご主人はどうかしら。
きっとうんって言わないんじゃないかしら。お母さん、
お母さんの気持ちとしてはどう?◎くんのこと考えて
どうかしら」

そして驚愕の事実を告げる
「たいがいの方ご主人に相談されずに決めてらっしゃいます
よ。だって相談したら反対されるもの。子どもが教材持って
歩いてなんだこれはって見つかったら、サンプルもらったの
よって誤摩化すんですって。ね、お母さん、どうでしょう。
ね、◎くんのために、決めてしまいましょう、ね」


ここまで約1時間半、さすがにめんどくさくなったので
携帯の着信音を鳴らして電話を切った。

サンプルばんばん気前よく配れるはずだ。
マンション販売と一緒で、一件成約したら
多少の宣伝費は元がとれる。

それにしても、世の奥様方は
こうして夫に内緒で高額商品を
いとも簡単に購入してしまうのか。
分割すれば1万円にも満たない、
ならば家計のやりくりで
ブラックボックスにまぎれこませれば
夫には気づかれない。

共同の財産を分つ夫婦は
信頼と情報の共有に基づき
運用する方針を共に決めるべきだというのは
ただの理想であろうか。


幼児に対する英語教育については
効果のほどはわからない。
わたしは、
日本語もロクにしゃべれんのに英語なんかプー。
と思っている。
将来、異言語コミュニケーションの必要が生じれば、
否が応でも身に付けるはずだ。
80万だか30万だかの教材を買うお金を
そのときの資金として持たせてやった方が
なんぼかいいと思う。(貯まってればのハナシ)

それにしても勉強になったなぁ。
相手してくれたセールスの会社の方、
無駄な時給払わせてすみませーん。

|

« オープンマインドで | トップページ | しびれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108777/11904677

この記事へのトラックバック一覧です: お子様にできるだけの機会を:

« オープンマインドで | トップページ | しびれる »