« 思いつく準備 | トップページ | それは自分の考えか »

2010年10月 7日 (木)

科学者の言葉

 ノーベル賞ウイークということで、日本人が受賞したしないとにぎやかだ。

 そんな中、ノーベル化学賞を日本人2名が受賞、というニュースを聞いた。

 ノーベル賞自体の賛否はよくわからない。のきなみ受賞する方々は20年だか30年だか前の功績に対して賞が送られており、今最先端をゆく科学者は受賞できないんですかね。
 それにしても、なんにせよ、日々心身をすり減らし、命がけで研究を続けている科学者にとってそうやって功績を讃えられるというのは嬉しいことに違いない。

 昨夜「報道ステーション」で北海道大学の記者会見室とつないで生中継していたので見ていた。
 その前に流された、今回の受賞に至った功績、有機化合物を簡単に結合させるしくみを説明するCGの図がどうやら間違っていたらしく、古舘さんが取り急ぎ「こうですよね?」と書いた図もちがいます、と。

 「あなたの書いた図が実現したらそれでノーベル賞が取れます。」鈴木先生なかなかやるな。
 ー 正しい図をスタッフに渡したんだけど
 ー ではそれがこちらに届き次第必ずお伝えしますので・・・
 いやぁ、難しいですからね、などと気まずい雰囲気を「・・・人間も有機化合物ということで、これは先生が媒酌人となられたといいますか、みなさんを結びつけられた結果、というわけですね」などと爽やかにつなぐ、さすが古舘伊知郎。

 ー これだ!とひらめいた瞬間はありましたか?
 ー まあ、研究はすぐに成果がでるものでもなく
 ー その瞬間はどんなお気持ちでしたか?
 ー まあ、うれしかったですね。研究の成果を世界の皆さんが喜んで使ってもらえるようなものを見つけられたことがラッキーでした。

 そういうインタビューが続く。

 そう、研究内容はとっても難しいから、有機化合物ってなんですかという素人にわかりやすく説明するには、それだけで番組が1つできてしまう。
 だからどうしても、弟さんの「兄貴はほんまに苦労しながらよう勉強した!」というコメントや苦労話をまぜて受賞者の半生を人情で見せたがる。

 研究の本質に迫るよりも、発見した瞬間の感動を切り取ってみせたいと思う。

 それが見る人聞く人に手っ取り早い共感になるから。
 わからなくもない。

 でもなぁ、先生は自分のプロフィールなんかじゃなくて、研究のなにが凄かったか、なにをどう評価され受賞に至ったのか、その辺りを詳しく知ってほしいんだろうになぁ。

 朝日新聞編集委員の方が
 ー 受賞された研究は79年に発見されたわけだが、我々はもっと今まさに走っている研究者も伝えるべきだと思った。また、いま研究の資金の問題など取り巻く環境も厳しいがいかがだろうか、と聞かれた。

 鈴木氏は、研究者は早く結果を認められるということはなかなかない、時間がかかるものだなどと答えられ、自身の研究成果に特許をとらなかったことを話された。

 ー企業などからのサポートがあったので研究資金に困らなかったことと、特許をとり、それを保持することに高いお金がかかったこともあり、特許を取らなかった。あるとき、アメリカ人研究者がやってきて話した。彼もよい結合方法を発見していたが、それらはすべて特許をとっていた。だから僕の方法はあんまり使われず、あなたの方法が世界中で使われてるのですねと笑っていた。

 生放送の、秒刻みの中でよく話しを遮らずに聞かせてくれたと思う。
 編集されたコメントではない、科学者自身の口から語られる言葉のなんとおもしろいこと。

 たまたま自分たちが見つけてラッキーだった、
 それを世界中で応用してみんなに使ってもらえてうれしい、
 特許とって囲わなくてよかった、

 功績を認められて受賞したのはもちろんうれしいだろうが、自分が褒められてうれしいという大きさではもはやないようだった。

 人の、一生の30年だ。
 数分で理解しようと思う方がおこがましい。
 だけど、そこにどんな生きる歓びがあったのか知りたい。
 手っ取り早く共感するんじゃなくて、あいての中からにじみ出る本当の言葉を待ちたい。

 数分間だったが、テレビに映らないスタッフの人々の格闘も見えた気がした。

 とても勉強になりました。

 


 

|

« 思いつく準備 | トップページ | それは自分の考えか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108777/49672633

この記事へのトラックバック一覧です: 科学者の言葉:

« 思いつく準備 | トップページ | それは自分の考えか »