« 望年会「話す温泉 ♨ いい茶だな」開催! | トップページ | 年頭挨拶 カモメのように »

2010年12月30日 (木)

ユーモアで

 今年も残すところあとわずかとなりました。
 みなさまには大変お世話になりました。
 ありがとうございました。

 ゆうべの晩のおかずさえおぼつかないのに、今年一年を振り返ろうにも、暑かった夏のことさえもぼんやりしています。
 人は忘れながら生きている。忘れたものはいらないものなのだ。

 とはいえ、秋の、青空の朝をものすごく覚えている。
 お茶の稽古に向かう道、かつかつという革靴のリズムをききながら、「ああ、整った」と思ったのだった。

 長いこと、似合う服すらよく分からなくて、好きなテイストもばらばらで、長いのも短いのも一緒くたで、カオスな自分に困っていた。
 でも、ここ最近の選択は、一つ一つ迷い無く、ぴたっと選べて気に入っていた。

 そうやって一通り揃った、今の自分がやっと好きである。

 だから、やってみてもいいかもな、いやむしろ今年中にやってみるべきだと思ったのが、ひとりでやるストリートライブ。

 いつもは、クライアントから依頼を受けて、最善をめざして職能を束ねて作って(もらって)いくクリエイティブディレクターという仕事だから、端から見たらあなた何をしてるんですかという仕事なのだ。

 歌うたいが、ギター1本で道ばたで歌うようなことって、わたしだったらなんだろう。

 それが、「スナリ望年会 話す温泉〜いい茶だな〜」でした。

 結果、知ってる人、お世話になってる人、知らない人、通りすがりの人、いろんな方がテーブルを囲んでくださった。

 おそるおそるの顔が、出された茶杯を顔に近づけると、ふぅと表情が緩み、ひとくち飲んではぁ〜とくつろいでいく。心がゆるんでひらいていく。まるで花が咲いていくようだった。

 お茶が美味しかったら、それは茶の樹に手塩をかけた茶農さんと、茶師と、お茶屋さんのおかげだ。
 わたしはただ、湯を差して、茶碗に注ぎ分けただけだ。

 そういう人々の手を借りて、わざわざおいでてくださった人々からも力を分ていただいて、その瞬間にしか聞けない言葉、思い、感覚、空気、魔法のように幸せだった。

 一人で歌ったわけじゃない。それがよく分かった1日でした。


 来年も、この感じを忘れずいきたい。
 一人でアウトローを気取ることもなく、数を競うようなこともせず、
 こだわらず、とらわれず、のびのびとしていたい。

 いきいきと。

 みなさま、よいお年を。
 また来年、いろんな新しくて楽しい世界を一緒に見ましょう。

 スナリ 寺本紫織



 

|

« 望年会「話す温泉 ♨ いい茶だな」開催! | トップページ | 年頭挨拶 カモメのように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108777/50439728

この記事へのトラックバック一覧です: ユーモアで:

« 望年会「話す温泉 ♨ いい茶だな」開催! | トップページ | 年頭挨拶 カモメのように »