« 七夕温泉 ♨ お茶に願いを 開催 | トップページ | I♥エンスー Vol.2 二人乗りオープンカーなぜかいつも男ふたり »

2011年7月14日 (木)

I♥エンスー Vol.1 クルマ好きだよ人生は

中国新聞 中古車情報サイト「チュレカ」(2011.3末でクローズ)に連載していたコラムのバックナンバーです。2008年2月から始まって、足掛け3年、全部で61本書かせてもらいました。

兄A氏というのは実の兄です。いっぱいネタいただいたなぁ。

先日、兄の友人で、このコラムでもたびたび登場するM氏が若くして亡くなりました。
すごくかわいがっていただいて、一緒にジムカーナとかさせていただいた頃は楽しかったな。

残念ながら「チュレカ」はその役目を終えてしまいましたが、コラムは残しておきたくて。
順次アップして行こうと思います。

Ensu

【2008.2.27掲載】


ガソリン高騰の折り、皆さん車愛してますかー!

ということで始まった車コラム、しばらくおつきあいよろしくお願いいたします。

わたし自身はクルマに関してはいたって淡白である。

ずっとチャリで十分、という生活をしてきて

子が生まれたので、じゃあ買うか、これください、と

八百屋で大根でも買うように今の車を買ってきた。

丈夫で長持ちしっかり走ればそれでよかった。

「ええ〜〜〜〜っ!もう決めちゃうの!?もっと見ないの!?

 ほら試乗とかしてみないの!?カタログもっと集めたりとかさー!!!」


ディーラーに同行してくれたクルマ好きの兄A氏が悶絶した。

彼に、クルマ買おうと思うんだけど、と相談したところ

わたしのライフスタイルから察して○○がいいんじゃないかと思う、

ああでも△△の新型も捨て難い一度試乗してみては、

それにしてもちょっと冒険して□□という手もアリはアリ、

と、小一時間アドバイスをもらっていたので、

あれこれ試乗するより十分納得。

「なんだよ〜〜〜どのクルマにしよっかなーって迷う時間が

 いっちばん楽しいのにぃ〜〜〜〜」


・・・いやいや、人のクルマですから。


そんなA氏を筆頭に、クルマを愛して止まない人々となぜかご縁がある。

クルマのハナシになるともう、目をきらっきらさせて話す人たち。

なんでそんなに好きなんだろうと、常々不思議だったが、

最近ちょっとわかってきた。

今年4さいになる息子が赤ちゃんだったころ

はじめてしゃべった言葉らしいことばが、


「あ!ばふ!」(バス)


だった。


「ママ」とかじゃなくて!!


バスに負けた!!


そっからどんどん増えていった言葉も


「あ、ぱっとかー!」


「みろりばふ!」


「きゅきゅしゃよー!」


・・・クルマばっかしかい!

誰が教えたわけでもないのにクルマが好きとは、これいかに。

クルマが好きってのに、理由なんかないのかも。

だって生まれつき好きなのだ。

それがそのまま

大人になっても好きなのだ。

きっと死ぬまで、好きだろう。

ああ、しょうがない。

クルマ好き、まったくもって愛すべき人たちである。

|

« 七夕温泉 ♨ お茶に願いを 開催 | トップページ | I♥エンスー Vol.2 二人乗りオープンカーなぜかいつも男ふたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I♥エンスー Vol.1 クルマ好きだよ人生は:

« 七夕温泉 ♨ お茶に願いを 開催 | トップページ | I♥エンスー Vol.2 二人乗りオープンカーなぜかいつも男ふたり »