« それでもどうしても | トップページ | 今年一発目は書き初め茶! »

2012年1月16日 (月)

I'm FREE

 新しい年がはじまりました。今年もよろしくお願いいたします。

 正月、実家で兄に会ったときに「これ、借りてたの。大掃除してたら出てきまして」とCDを返してもらった。 

 斉藤和義「Because」

 1997年のアルバムですよ。
 ないなぁと思っていたらこんなところにあったのか。どんだけ昔の地層から発掘されたのか。

 ともかく、このアルバムは「歌うたいのバラッド」だとか「月影」だとか、今でもライブで歌われるのを望まれる名曲が入っている。
 彼自身がプロデュースもアレンジもギターもドラムもベースも演奏して作った「ジレンマ」の次作。
 ひさびさに車で聴いてみた。

 「I Wanna be Free! 
  自由になりたい 
  くだらない事はもう忘れて
  自由になりたい
  ノートもワープロもとっぱらって
  ・・・・」

 一曲目「ジユウ ニ ナリタイ」
 「生きていくことなど 死ぬまでの暇つぶし」と疾走する。

 1997年、当時26歳。ほんとに自由になりたかった。
 メルパルクホールのライブも行った。
 「ジユウニナリタイ!」とコブシをつきあげて一緒に叫んだ。

 いったい何から自由になりたかったのだろう。

 当時の自分のことはもうよく覚えていない。
 それから結婚し、仕事を変わり、子どもを産み、14年経って今に至る。

 大音量で聴きながら、当時のにおいを思い出しながら、
 ああ、わたしは今やっと自由だと思った。

 自由ってなんだ?
 子どもがいるし仕事があるし家の事もあるからなかなか自由に動けない。
 でも、そういうものがない自由ならいらない。
 そういうものがない自分はいらない。

 いろんなものを、だっこしたりおんぶしたり、ひきずったりほおりだしたり、
 それでもなんとかよっこらせな日々
 そういう今を、わたしは自由だと思う。
 これはわたしが望んで、選んで、獲得した自由だ。

 自由ならば、もっと自在になりたいと思う。
 もっと自分の歌をうたいたい。腹の底からあふれるままに。
 もっと自在になりたい。
 そのためには、一見自由ではない状況でしか得られないものが必要だと
 今だからわかる。
 そこから逃げたいばっかりのあの頃には、わからなくて、逃したものばかりだ。

 どうかもっと、自由自在に、応えられる知恵が欲しい。
 今年はもっと、楽しい勉強をしますよ!

 I'm FREE! I'm FREE! I'm FREE!

 
 Img_4407


|

« それでもどうしても | トップページ | 今年一発目は書き初め茶! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108777/53747511

この記事へのトラックバック一覧です: I'm FREE:

« それでもどうしても | トップページ | 今年一発目は書き初め茶! »