« 茶海はなぜ海なのか | トップページ | 「堅苦しい作法」もどうか »

2012年5月25日 (金)

5月のNHK中国茶教室でした

 NHK中国茶教室2回目終了しました。
 前回見学の方が正式に受講され、今日も見学の方がいらっしゃいました。うれしい。

 今回は「中国茶の分類を知りましょう」。
 緑茶、青茶、白茶、黄茶、紅茶、黒茶のお話をざーっと。
 別に分類なんて知らなくても茶は美味いのだけど、知ってるとおもしろいので。

 レジュメ(手元資料ね)を作りながらしみじみ謎と興味が広がった。
 こりゃとっても1回じゃ話し尽くせません。ま、おいおいと

 その分類のもととなる「製法」の説明のところで、
 今、広大理学部の先生方とメールで話が盛り上がってる話題にジャストミート

 「葉っぱは病原菌が入ったり虫に喰われて傷ついたりしたら、仲間(他の細胞)に伝えるために抵抗性遺伝子が働き、サリチル酸やジャスモン酸やエチレンなんかを作って自衛手段をとる」

 「それを利用して、摘んだ茶の葉を揺すったり揉んだりして細かい傷をつけ、花のような香りを作り出している」

 サイエンス茶! 「お茶ってすごいわねぇ〜〜〜」


 「おいしいわーーー」「へぇーーー」あっという間の2時間でした。

 楽しんでいただけたようでよかったです。

 課題は
・とめどなく弾む会話をどう仕切るか
・マダム方の質問&おしゃべり攻勢に圧倒されて話せない方をどうフォローするか
・会話が弾みまくるのを考慮に入れると、内容はもうすこし腹八分目に

 毎回鍛えられますのー。

 さて次回は6月22日(金)15:30〜
 「一日体験講座」も同時にやります。
 毎回は通えない方も、ぜひどうぞ。

 緑茶の新茶出そろう頃なので、日中緑茶飲みくらべとかやろうかな。


|

« 茶海はなぜ海なのか | トップページ | 「堅苦しい作法」もどうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月のNHK中国茶教室でした:

« 茶海はなぜ海なのか | トップページ | 「堅苦しい作法」もどうか »