« 褒めよ讃えよ | トップページ | 【話す温泉♨秋の実り茶】やります! »

2012年9月26日 (水)

愛嬌の師匠

 秋だよねぇ、という空と風だったので、ぶらぶら歩いた。

 あ、今個展やってるんだったと思い出して、「ギャラリー一葉」に立ち寄った。

 横山拓也さんという作家さんの、黒と白の器が並んでいた。

 ひとつ、別嬪を連れて帰った。

 包んでもらっていると、ふと壁の絵に目がとまった。

 あの絵、すてきですね。

 「わぁ、うれしいなぁ。あれはね、佐野繁次郎なんですよ。」

 ほう、サノシゲジロウ・・・(すいませんあちこち暗くて)

 それから、その絵はある雑誌掲載小説の挿絵の原本だということ、入手のいきさつ、憧れだった額装店に額縁をオーダーしていることなどを話してくださった。

 「いやぁ、絵はいいです。」

 山種美術館もいい、細身美術館も、神戸には香雪美術館があって、その近くにはバターコーヒーで有名なダンケという店がありましてね、ずいぶんオーバーな素振りで珈琲を淹れるもんだねと聞いたら、こうしないとさっぱりと入らないんだということでしたね、

 などと連想ゲームのようにお話が続く。

 「吉兆庵美術館で魯山人を見ましたらね、やっぱりデパートの催事とはちがうわけです。
 なんせ吉兆のためだけにつくったわけですから。
 そこで見た魯山人はなんというか、愛嬌がありましたねぇ。」

 愛嬌ですかー。

 「先日ある作家さんの個展を見に行って、やっぱりね、こう、花瓶の口のあたりになんとも言えない愛嬌を感じたんです。で、愛嬌がありますね、とお話ししましたらね、一葉さん、そこまで言われたらお見せしましょう、これが僕の師匠です、とね、前期古伊万里を出してみせてくれたんです。
 やっぱりねぇ、そこにもちょーっと首をかしげた、なんともいえない愛嬌がありましたねぇ。」

 ははー、『師匠』出ましたかー。

 仕事を共にして、直接指導を受ける師匠
 憧れてるけど会えない、目標と思う師匠
 もう死んでて会えないけど、残された文章や作品から学ぶ師匠

 師匠と決めるのは、その入門者の心次第なんだなぁ

 その作家さんは、その古い陶器の作り手と、時間を超えて語っているのかなぁ

 などと思った。

 「東京に行くなら、雑貨屋さんを回るのもいいけど、ひとつでも美術館に行ったらいいよと若者に言うんです。いらんお世話なんですけど、もう前期高齢者なんで、言うんです。」

 そうですねぇ。見ないと、見る目は獲得できませんよねぇ。

 作家さんの名前とかさっぱり覚えてない、ものを知らないスナリは反省。

 と同時に、にじみでる愛嬌っていいなぁ、と思った。

 魯山人の「愛嬌」って、どっからくるのかしら。

 こしらえてできるものじゃないもの。

 見る目も
 つくる手も
 語る口も

 筋トレですね。


|

« 褒めよ讃えよ | トップページ | 【話す温泉♨秋の実り茶】やります! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 褒めよ讃えよ | トップページ | 【話す温泉♨秋の実り茶】やります! »