NHKカルチャーセンター「おいしく淹れよう中国茶」

2013年2月27日 (水)

器でかわる

 先日のNHKカルチャーセンター「おいしく淹れよう中国茶」は、
 「器による味のちがい」というテーマでやりました。

 「器は茶の父なり」 (茶の母は水だろうか)
 茶を美味しく淹れるためには、茶器の選択が大事といわれています。

 中国茶を淹れる器といえば、「宜興茶壷」ですね。
 紫砂とか朱泥といった、鉄分を多く含む土から焼かれた「炻器」(せっき。陶器と磁器の中間的な性質を持つ)です。
 こういうやつですね。
 
Photo

 この紫砂の茶壷がお茶をおいしくするのは、胎土に細かい孔があって、そこに雑味成分を吸収するから。また、吸収した香り成分を放出するため味わいに厚みが出る、あるいは、味わいが持続するとも言われております。
 そのかわり、この茶壺はこのお茶専用、と決めたほうがよいとも聞きますね。高山茶用、岩茶用、鉄漢音用、鳳凰単叢用・・・たくさんいるじゃないか(嬉々)
 そうやってこのお茶にはこの子、と使い分けるのも楽しみのひとつなのでしょう。

 一方、磁器の茶器は表面がガラス質なので、匂いも吸収したりしない。ハイターにつけて茶渋とってもOK。なので、1つあればどんな種類のお茶でも淹れられる万能茶器、と言われてます。


 ほんまかいな。


 ものの本にはたいていそう書いてあるし、そんなもんかなと思ってそうしてるけど、改めて考えると、どうなのかなという思いが頭をもたげる。

 ほんじゃ実験してみましょう。

 「せんせ、理系?」
 いえー・・・ばりばりの文系です・・・ 
 でも、やってみないとわからないですもんね。


 まずは、台湾高山茶(梨山、海抜2200m)。

Img_3854

 左が、台湾の作家さんの紫砂茶壺。裏に「辛巳」とあるから、もう12年のつきあいか。
 右は磁器の茶器。ほんとは煎茶点前用です。

 湯の量も、茶の量もほぼ一緒、
 湯をそそぎ、タイミングを見計らって同時に茶海に注ぎ出します。
 両手で、2丁拳銃状態。

 「はぁ〜〜いい香り!」

 見た所、右の磁器のほうが水色(茶の色)がうすい。
 飲み比べても、右の方が味も香りもうすい。
 その理由は1煎目を淹れたときにわかっていました。
 右の方が早く注ぎきれる。
 左の紫砂茶壺は、細く長く注がれる、つまり、茶の葉が湯につかってる時間が右よりもすこし長いのです。

 3煎目は、右の方を若干長く間合いをとり、水色を同じに淹れてみました。

 「あらぁ、」
 「色は同じなのに、味がちがうわぁ」
 「ほんと、なんか磁器の方が浅いというか・・・」
 「ねぇ、香りもちがう」

 いやぁ、ここまで違うとは思わなかった。
 なんというか、二つがぜんぜん違うお茶のようだった。
 やっぱり紫砂茶壺で淹れた方がうまいのよ。

 「せんせ、やっぱりわたし紫砂茶壺買おう!
 ここまで違うんなら、ほしいわー」
 ねぇ、びっくりです。

 まてまて、焙煎の浅い、高音のような味香りの高山茶はそうかもしれないが、
 岩茶ならどうか。


Img_3210

 左は、大陸の朱泥茶壺。岩茶とか鳳凰単叢を淹れるのに使っています。
 右は磁器の茶壺。
 淹れるのは岩茶、極品肉桂。

 さきほどと同じ要領で淹れてみます。
 今度はほぼ、注ぎきるスピードも同じ。

 なのに、水色こんどは磁器の茶壺のほうが濃いのです。

 「あら、なんだか磁器の方が苦みがつよいわぁ」
 「ほんと、でも美味しい〜」
 「これ、別々に出されたらどっちも美味しいわぁ」
 「シナモンって感じはしないけどねぇ」
 「いやぁ、おいしいわぁ」

 ほんとに美味しいお茶だったので、何で淹れてもうまかった。
 でも、やっぱりちがうんですなぁ。

 磁器の茶壺は、いいとこも悪いとこも味も香りもぜんぶまっすぐに出す感じ。
 朱泥のほうは、まあるく入る感じ。

 たとえば、香りが命の鳳凰単叢なんか淹れる時には、好みが分かれるだろうなと思う。
 


 蓋碗という茶器もある。素材は磁器が多い。

Img_5517

 これはまた、茶壺とは淹れる感覚がぜんぜんちがうものだと思う。

 湯を注いだら、蓋をとって中の水色を見る。
 刻々と、抽出され色が変わっていく。
 ほんとに、数秒のちがいで味が香りが変わる。
 さらには、湯の注ぎ方、蓋碗の倒し方(出し方)でも変わる。

 目指す味に淹れようと2煎、3煎と淹れるがうまくいかず、
 先生が代わり、そこにそーっと湯を落とすと、まるでちがう茶のように入った、
 あのアメージングな感覚が残っている。
 難しいとも言えるし、自由自在に淹れることができるとも言える。

 ここには紫砂とか磁器とか、そういうこととは違う
 ひとつの技があるように思う。
 自分の思う「うまい」を確実に淹れるのはこちらなんだろうなぁ。
 
 でもわたしは、何度も湯をくぐった紫砂や朱泥の茶器を
 なでたりさすったりするのが好きなのだ。
 うまさって、そういう愛しさも含みますよね。

| | コメント (0)

2012年5月25日 (金)

5月のNHK中国茶教室でした

 NHK中国茶教室2回目終了しました。
 前回見学の方が正式に受講され、今日も見学の方がいらっしゃいました。うれしい。

 今回は「中国茶の分類を知りましょう」。
 緑茶、青茶、白茶、黄茶、紅茶、黒茶のお話をざーっと。
 別に分類なんて知らなくても茶は美味いのだけど、知ってるとおもしろいので。

 レジュメ(手元資料ね)を作りながらしみじみ謎と興味が広がった。
 こりゃとっても1回じゃ話し尽くせません。ま、おいおいと

 その分類のもととなる「製法」の説明のところで、
 今、広大理学部の先生方とメールで話が盛り上がってる話題にジャストミート

 「葉っぱは病原菌が入ったり虫に喰われて傷ついたりしたら、仲間(他の細胞)に伝えるために抵抗性遺伝子が働き、サリチル酸やジャスモン酸やエチレンなんかを作って自衛手段をとる」

 「それを利用して、摘んだ茶の葉を揺すったり揉んだりして細かい傷をつけ、花のような香りを作り出している」

 サイエンス茶! 「お茶ってすごいわねぇ〜〜〜」


 「おいしいわーーー」「へぇーーー」あっという間の2時間でした。

 楽しんでいただけたようでよかったです。

 課題は
・とめどなく弾む会話をどう仕切るか
・マダム方の質問&おしゃべり攻勢に圧倒されて話せない方をどうフォローするか
・会話が弾みまくるのを考慮に入れると、内容はもうすこし腹八分目に

 毎回鍛えられますのー。

 さて次回は6月22日(金)15:30〜
 「一日体験講座」も同時にやります。
 毎回は通えない方も、ぜひどうぞ。

 緑茶の新茶出そろう頃なので、日中緑茶飲みくらべとかやろうかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

NHKカルチャーセンターで中国茶講座、はじめます

 実はこの4月から、広島のNHKカルチャーセンターにて中国茶の先生をすることと相成りました。

 昨年、とある方から「寺本さーん、中国茶の先生せん?」とお声掛けいただきました。
 某先生から「とにかくすべての依頼は引き受けること」とクギをさされておりましたので、やらせていただきますと即答し、推薦していただき開講となったのでした。

Img_5374_2


 先生か・・・

 「話す温泉♨いい茶だな」では、温泉茶家元として勝手気ままに茶を振る舞って遊んでおりますが、一体何をお教えすればよいのか・・・
 

 思い起こせば今から十数年前、旨いものに目がない友人が台湾土産のお茶を淹れてくれました。

「・・・なんなんだこのお茶は・・・!?」

 それは凍頂烏龍茶だったと思います。水色(すいしょく)は澄んだ黄緑色なのに、花のような香りと濃厚な旨味が飲んだ瞬間にわーっと広がりました。

 烏龍茶は茶色くて苦いものと思っていたのに、目から鱗がぼろぼろおちて、その香りにくらくらと虜になり、茶馬鹿の類が茶馬鹿の友を呼んで、なんかもう、アホな茶飲みにのめり込んでいきました。

 「中国茶アドバイザーの試験受けない?」と先生に誘われ、ペーパーテストの勉強や、ブラインドでのテイスティングなんか熱心にやったなぁ。
 茶藝の実技のためのチャイナ服着たまんま新幹線乗り遅れそうになって東京駅を疾走したり、「うわぁアゲハの幼虫の匂いがする!」などというむちゃくちゃな表現力を鍛え上げたのだった。

 そのときから今まで、製法や淹れ方、飲み方や楽しみ方を教えてくれたいろんな「先生」に出会いいろいろ教わりました。
 めちゃ飲みのあの時代、今から思うとちょっとないずいぶんいい茶をいろいろ飲ませてもらったんだなあと思います。
 その当時のハードな茶飲み友達は今でも半端ない茶飲み馬鹿(褒め言葉)で、先日久しぶりに集まったら都合8種類のお茶を飲んでいた。1種類につきもったいないからたいがい10煎は淹れるので、何回蓋椀を振ったことか。平気な顔で次々杯をからにしていく様子はほんまアッパレ、
 って話がそれましたが、そうやって「教わってきた」日々を思い返します。
 それはなんといっても、楽しい日々でした。

 
 まあ、私より中国茶に詳しい人、技能が勝る人、センスの良い人はゴマンとおられるわけです。
 ですがご縁をいただいて教室を持たせていただいた。
 やるからには、
 なんか偉そうにスゴそうにするのではなくて

 「はー・・・おいしいわ〜〜」

 みたいな教室にしたいと思っています。

 推薦してくださった方も、
 「→そうよね。そこそこ。変な話、というかホントのところ、寺本さん推薦のカギもそこなわけ。いれ方だけ教える窮屈な教室はどうでもええ、と思うんよ。
 金曜はしっかり楽しんできて下され。寺本さんが楽しまないと生徒さんも楽しめないからね。」

 と声をかけてくださった。ありがたい。
 
 楽しんでやりますよー。うまーいとめろめろにさせますよー。

 毎月第3金曜のお茶の時間から夕方まで。
 ご興味あればぜひ、一緒にお茶しましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)